悲しみのゲムール

Sadness and Happiness

music

世界のぱみゅぱみゅを覗いてみよう

投稿日:

 

あなたが落としたのはこのぱみゅぱみゅですか?

 

 

 

それともハマダバミュバミュのほうですか?

 

世界のぱみゅぱみゅを覗いてみよう

みなさん、こんにちは。こんばんは。
初めまして。ぱみゅぱみゅ研究家のぱみゅ山田ぱみゅ次郎です。

今日はこれから皆さんと一緒に、世界のぱみゅぱみゅを覗いてみたいと思います。

それではまず初めにぱみゅぱみゅとして、世界で認知されている日本のきゃりーぱみゅぱみゅから

 

▼きゃりーぱみゅぱみゅ-PONPONPON

ものすごく今更感がありますが、それでも一世を風靡した事を感じさせる確かな楽曲の力がありますね。

 

次はこちら

▼浜田ばみゅばみゅ―なんでやねんねん

本家よりアクが強くなっており、更に謎の中毒性が発生。
意外に高いPVのクオリティにビックリさせられます。

 

それでは次にアメリカで確認されたぱみゅぱみゅを

▼Melanie Martinez(メラニー・マルティネス) - Mad Hatter

アメリカのぱみゅぱみゅは既にヤサグレておりますね。
やはり過度の競争社会でのストレスと言ったものが、こういったぱみゅぱみゅへの進化を促すのでしょう。

 

▼Melanie Martinez-Dollhouse

子供の頃の悪夢に似た世界観と気怠い歌唱、繰り返しのメロディが段々とクセになってきます。

ご覧の通り、このぱみゅぱみゅ、基本はちょっとどこか病んだ世界観。
でも、声とメロディーが不思議と落ち着くので、繰り返し聞いてしまう魅力がありますね。

 

▼That Poppy - Money


こちらのぱみゅぱみゅは歌があまりお上手ではない様子。しかし、曲のメロディーがそれを凌駕しております。
Wavyな感じ、チップチューン等の要素もあり、良い曲に仕上がっています。
きっとプロデューサーがヤスタカな感じなのでしょう。

プロデューサー Titanic Sinclair(タイタニック シンクレア)

ちなみにこのヤスタカ、ソロだとこうなります。

ぱみゅぱみゅ2

いいですねぇ。楽しそうですねー。よーし、今日は分身しちゃうぞぉーつって。

 

最後にこちらは南アフリカでその存在が確認された非常に貴重なぱみゅぱみゅ。

▼DIE ANTWOORD(ダイ アントワード) - FOK JULLE NAAIERS

 

リードラッパーのNinja(ニンジャ)、DJの DJ Hi-Tek(ハイテック)、それから今回のぱみゅぱみゅ要員であるYo-Landi Vi$$er(ヨーランディ ビッシャー)で構成されているグループ。ピカチュウの着ぐるみで登場しちゃったりしております。

曲解説はここでは魅力が伝えきれないので、別の機会に。
NinjaYo-Landiは夫婦。ダンナのNinjaもこれまたブッ飛んだ仕上がりになっております。

 

 

 

さて、ここまで皆さんと一緒に世界のぱみゅぱみゅを覗いてきました。
もちろんまだまだぱみゅぱみゅは存在していますし、これからも沢山産まれ続ける事でしょう。
何故ならば、ぱみゅぱみゅとは最早、一つの概念であるのですから。

 

それでは最後にもう一度、あなたに問います。
あなたが落としたのは、どのぱみゅぱみゅですか?

 

-music

Copyright© 悲しみのゲムール , 2019 All Rights Reserved.