Cyberpunk2077

【GAME】サイバーパンク2077/Cyberpunk2077/パッチ1.5(NextGen Update)配信

2022年2月16日

cyber1『Cyberpunk2077/サイバーパンク2077』

サイバーパンク/Cyberpunk2077

プラットフォーム:
PlayStation 4, Xbox One, PC

ジャンル:オープンワールドRPG
発売日:2020年12月10日

希望小売価格通常版:7,980円+税
コレクターズエディション:29,800円+税

プレイ人数:1人
CEROZ(18才以上のみ対象)

販売元:
PlayStation 4パッケージ版:
スパイク・チュンソフト

PlayStation 4・Xbox One・PCデジタル版:
CD PROJEKT RED

事前に予告されていた通り、『RED Streams』が放送され、その中でアップデートの内容などが説明された。

また、『サイバーパンク2077』パッチ1.5の配信も開始された。

パッチの内容と詳細については、公式に日本語で公開されているので、確認されたい。

※追記:一部のPS4において、パッチ適用後、ゲームが起動できないという障害が発生している様子。
現在調査中との事で、
該当する人は公式などでアナウンスや対処を要確認。

※追記2:上記障害は、19日に対応、修正済み。
該当する人はシステムソフトウェアのアップデートを。

以下内容を公式より引用して、紹介
(一部加筆修正して、掲載している。)

パッチノート1.5:新世代機版アップデート

パッチ1.5がPC、Stadia、その他家庭用ゲーム機向けに配信開始!

本パッチにはゲームプレイやジョブに関する様々な修正および改善、無料の追加コンテンツ――そしてXbox Series X|SとPlayStation®5向けの新世代機版アップデートが含まれます。

各プラットフォームのアップデート内容:

本パッチで実装される主な変更点は下記をご確認ください。

【新世代機版限定】

・ローカルライトのレイトレースシャドウを追加
・新世代機版に実績/トロフィーを追加。なお、新世代機はSKUが異なるため、PlayStationの後方互換機能で取得したトロフィーは新世代機版に移行されません。
Xboxの実績はSmart Delivery機能を通して自動的に新世代機版に反映されます

・PlayStation®5およびXbox Series X版に「パフォーマンスモード」と「レイトレーシングモード」を追加。パフォーマンスモードでは、60fpsのスムーズなゲームプレイをダイナミック4Kで体験可能。レイトレーシングモードでは、影や反射のフォトリアルなレンダリングと、30fpsのゲームプレイをダイナミック4Kで体験することが可能。なおXbox Series S版はデフォルトで30fpsおよび動的スケーリングとなり、モードを選択することはできません

・パフォーマンス調整 - FPSの低下を大幅に軽減し、レンダリング品質を改善
・プラットフォーム間の差異を軽減するためにHDRを調整
・数々のビジュアル強化

・PS5用コントローラーのアダプティブトリガーに対応。ゲーム内アクションに応じてハプティックフィードバックが発生。
ホロコール、テキストメッセージおよびVの頭の中で起こるあらゆるアクションの音声がコントローラー内臓スピーカーで再生
・PS5にアクティビティーカードを追加

・アメリカ版(PlayStationのボックスコード:CUSA-16596、CUSA-16597)にスペイン語の吹き替え対応を追加。技術的な問題により、新世代機版のみ対応。言語サポートの詳細はこちらをご確認ください:Xbox、PlayStation.
・PlayStation 5のTempest 3Dオーディオを使用した、3Dオーディオ対応ヘッドフォンおよびテレビ内臓スピーカーにおける空間オーディオサポートを実装

【追加コンテンツ】

追加コンテンツは全プラットフォームでお楽しみいただけます

・Vの新しい自室

・自室として利用できるアパートが数々登場。ナイトシティ内で直接アパートを訪れるか、EZエステートのウェブサイト(H10メガビルディングの自室にあるコンピューターからのみアクセス可能)から借りることができます。支払いは一度のみなのでご心配なく!

新しいアパートは「Playing for Time/時間稼ぎ」を完了後に利用できるようになります。
すべてのアパートを同時に借りることもでき、保管庫の内容は共有されます。

・さらに、EZエステートのウェブサイトからH10メガビルディングの自室を模様替えすることも可能に(費用:€$10,000)
・ノースサイド、ワトソン(€$5,000)
・ジャパンタウン、ウェストブルック(€$15,000)
・グレン、ヘイウッド(€$40,000)
・コーポ・プラザ、シティ・センター(€$55,000)

・またアパート内で特定の行動をとると、プレイヤーに一時的なバフ効果が付与されます。
・シャワー:「リフレッシュ」効果を1時間付与
・「リフレッシュ」 - 戦闘中にHPが徐々に回復する(最大HPの60%まで自動回復)。「再生」パークを解放している場合、戦闘中のHP再生速度+20%、HP再生上限+20%
・ベッドで睡眠:「休息」効果を1時間付与、回復効果
・「休息」 - スキル経験値+20%
・コーヒーを淹れる:「覚醒」効果を1時間付与
・「覚醒」 - 最大スタミナ+25%、再生速度+30%

・外見変更

・自室やセーフハウスの鏡を使うことで、外見の一部を変更できるようになりました(髪型、メイクアップ、ピアスなど)。
費用はかからないうえ、ゲーム開始直後から何度でも行うことができます。
また、キャラクターのカスタマイズにメイクアップや髪の色の選択肢を増やしました

・ウィルソンの大放出セール

・数々の新アイテムが登場。H10メガビルディングにあるウィルソンの店「セカンド・アメンドメント」で購入するか、街のいたるところで発見することが可能
・新武器2種:「ダラ・ポリテクニック DA8 アンブラ」パワーアサルトライフル、「バジェット・アームズ ギロチン」パワーサブマシンガン
・新武器用スコープ4種:カン・タオ製「ヂュエ」ロングスコープ、ツナミ製「ガキ」スナイパースコープ、アラサカ製「カネツグ」ショートスコープ、「ハンディマン」ショートスコープ
・新しい武器用アタッチメント「マズルブレーキ」登場
・新マズルブレーキ10種:ハンドガン用マズルブレーキ(RC-7 イフリート、RC-7 ライガー、RC-7 ディブク、RC-7 クトルブ、RC-7 ババロガ)、アサルトライフルおよびSMG用マズルブレーキ(RC-7 アスワング、RC-7 ヴァルコラク、RC-7 ザール、RC-7 ヨウカイ、RC-7 ストリゴイ)

・フォトモードの新ポーズ

・ジョニー・シルヴァーハンド専用ポーズ(ジョニーを操作中のフラッシュバックシーンでのみ利用可能)など、フォトモードに新しいポーズが登場

【NPCと交通】

・戦闘AI

・NPCの近接攻撃および遠距離攻撃AIとリアクション(カバーに隠れる、移動、リロード、武器の装備、回避、ブロックなど)に関する様々な修正と改善
・身体の切断トリガー、被弾リアクション、死亡アニメーションに関する様々な改善。近接および遠距離攻撃のプレイフィールを改善

・敵NPCがより適切に攻撃をブロックおよび回避(ケレズニコフ使用)するように調整。また、プレイヤーの武器の重量が重いほど敵のブロックを崩しやすくなるが自身が回避しづらくなり、一方で軽いほど回避しやすくなるが敵のブロックを崩しにくくなるよう変更
・ギャングや企業など、各組織の敵の攻撃タイプ(近距離と遠距離両方)を多様化 - 無鉄砲、攻撃的、バランス型、守備的、慎重

・味方NPCがより積極的に戦闘に参加するが、ダメージを受けすぎると一時的に戦闘不能になるように調整
・ネットランナーの戦闘に関する様々な修正およびバランス調整

・群衆挙動

・群衆の攻撃的挙動 - プレイヤーが挑発的な行動をとると(銃を向ける、撃つ、周囲で戦闘など)特定のNPCタイプが反撃してくるように調整。なお技術的な問題により、本機能は旧世代の家庭用ゲーム機ではご利用いただけません

・時間スキップがNPCの状態に影響し、デバイスや環境、特定シーンの状態をリセットするように調整
・群衆のリアクションや移動、デスポーンを改善

・乗り物の運転

・新たに「バーンアウト」モードを追加。アクセルとブレーキを同時に長押しで起動、ハンドルで操作 - これまではその場で回転することしかできませんでしたが、インプットの調整次第ではドーナッツ、ドリフト、パワースライド、ドラッグレースのようなブーストスタートなど、様々なドラテクが可能に。

ハイスピードでコーナーに入る際、アクセルを入れながらブレーキを踏めば、ほとんどの車でオーバーステアを発生させることができます。
キーボードの場合はサブバインドの矢印キーを使用することもできますが(一部キーボードはWASDのみを使用している際に追加インプットが無効になります)、今回の新システムはコントローラーで最大の効果を発揮します(ほとんどのプレイヤーがコントローラーによる乗り物操作を好む傾向があります)

・新たなブレーキングシステムを追加し、フロントおよびリア、あらゆるスピードで安定したパフォーマンスを実現。ABSシミュレーションを追加。
すべての乗り物に新システムを適用。
・エンジンシミュレーションを改善。クラッチシミュレーションを追加。ギアチェンジの際に発生するエンジンからの抵抗を改善し、想定外の空転を軽減

・ギヤボックスシミュレーションを追加。シフトダウンの挙動を大幅に改善。トランスミッションがよりリアルにシフトダウンするようになり、エンジンの回転数を理想値に保つためのシフトロジックを強化。前進・バック間のシフトをリワークし、Jターンが可能に
・バイクの挙動を改善。上記調整により、バイクの挙動が安定化。また、ハンドリングモデルの改善およびリワークを実施

・一部車をチューンナップ。クアドラ Type-66(全モデル、特にAvenger)、ミズタニ シオン(特にMZ2)、エレーラ アウトローおよびマイマイのハンドリングを改善
・一人称視点の調整を実施(調整が必要だった乗り物のみ)。クリスタルドームシステムを搭載しているノーマッド車の場合、視野を邪魔するオブジェクトを消すように変更

・交通と乗り物

・ターンや停止など、NPC車の行動パターンを改善
・危険に対するパニックリアクション - 車両が危険から離れるように変更。また、交通事故を起こした場合、状況次第でNPCの同乗者が死亡するように変更
・軽度の衝突に対するリアクション - 衝突された車両のリアクションパターンを追加。また、衝突後はよりスムーズに元の行動に戻るように調整

・【ゲームプレイ】

バランス調整

・依頼やオープンワールドのアクティビティの報酬増加、乗り物やサイバーウェアの値下げなど、ゲーム内経済の調整
・衣類改造パーツのバランス調整および機能改善を実施。衣類の改造パーツスロット数を調整。特定の改造パーツが、特定の衣類タイプにしか装着できないように変更。今回の変更に伴い、以前に装着した改造パーツは自動的に衣類から外され、インベントリに入れられています。新しい仕様に応じて、インベントリ画面から装着し直すことができます

・「イージー」の難易度アップ
・「身躱し」ステータスを撤廃し、代わりに「軽減率」と「軽減度」を追加。「軽減率」は受けたダメージを軽減する確率を示し、「軽減度」は軽減するダメージの割合を示す(デフォルトでは50%)。
・「身躱し」の値に関連する要素が、「軽減」に影響するように変更。例:「反応」能力値、「マングース」、「消失点」、「肉の盾」などのパーク、一部衣類改造パーツやサイバーウェアなど

・継続ダメージのバランス調整を実施。主に「炎上」や「出血」、「毒」などのダメージ量軽減
・タイガークロウズのタトゥー「皮膚インプリント」による、スマート武器の追跡システムを混乱させる確率を低下
・NCPDに指名手配された際に、現場から距離を取って逃げ切る以外にも、その場で隠れてやり過ごすことができるように変更。なお隠れた場合は、NCPDが捜索を諦めるまでより時間がかかる

・サイバーウェア

・未使用のサイバーウェアをリパードクのクリニックで売却できるように変更
・「血液ポンプ」サイバーウェアのヒントテキストで、クールダウン時間が正しく表示されるよう修正
・敵によるプレイヤー検知(「位置を特定中」と表示)を、ネットランナーにダメージを与えることで中断、または「セルフICE」サイバーウェアで無効化できるように変更

・「バーサーク」を発動すると、スタミナが無限になる問題を修正し、2倍になるように変更
・「プロジェクタイルランチャー」の麻酔弾が人間以外の敵にも効果を与える問題を修正
・レジェンダリー「弾道コプロセッサ」による跳弾回数を1に下げ、跳弾ダメージに50%ボーナスを付与

・キロシオプティクス用の改造パーツ「弾道ジェネレーター」を「脅威アナリシス」に変更し、「軽減率」+2%のボーナス付与。「軽減」が発動した際に減るダメージ量は「軽減度」に応じる(デフォルトでは受けたダメージを50%減少)
・「光学迷彩」の持続時間(プレイヤー装備時)をレア度に応じて5/10/15から10/15/15に延長
・一部NPCが「光学迷彩」を使用するように変更

・「光学迷彩」を使用している場合でも、敵をグラップルすると可視化されるように変更
・特定のサイバーウェア改造パーツを同時にインストールできない問題を修正

・戦闘

・戦闘AIの最適化を多数実施。戦闘における全体的なプレイフィールを改善
・攻撃や死亡、武器の装備、カバーの利用、被弾時のリアクション、リロード、ブロックや回避など、NPCの戦闘アニメーションを修正および改善し、よりスムーズに実行されるように調整。ビジュアル面の強化に加え、武器の使用による影響や群衆挙動がより一貫性のあるものになるよう改善
・敵が戦術的により優位な位置に移動するように変更

・味方NPCの射撃精度を改善
・プレイヤーが受ける爆発ダメージを軽減
・敵NPCが、同じグループまたは組織に所属する味方が戦っているにも関わらず、戦闘に参加しない問題を修正

・戦闘開始直後に、グレネードが命中してもNPCが被弾リアクションを取らない問題を修正
・ショットガンを使用している敵が、プレイヤーと距離を詰めて戦闘するように変更
・敵が使用する戦闘用スティムにビジュアルエフェクトを追加

・全体的な敵の戦闘用スティム使用頻度を軽減。敵がスティムを所有している場合、HPが30%を切ってから使用するように変更
・低フレームレートモードにおける敵の戦闘挙動の多様性を改善
・ローミング中に戦闘モードが起動する問題を修正

・ハンマーによる攻撃が届いていないにも関わらず、プレイヤーがノックダウンされることがある問題を修正
・近接武器と遠距離武器両方を装備しているNPCが、両武器間をより素早く切り替えるように修正

・クイックハック

・サイバーサイコに対して「サイバーサイコシス」クイックハックを行うことができないように変更
・監視カメラをクイックハックでOFFにしたにも関わらず、敵がそのカメラを通してクイックハックをアップロードしようとしていた場合、敵のクイックハックが中断されない問題を修正
・プレイヤーに対する「ハック」ステータス効果が消えないことがあり、それにより敵ネットランナーがプレイヤーをハックできなくなる問題を修正
・「口笛」クイックハックを使用しても敵NPCがプレイヤーに接近しないことがある問題を修正

・アイテムとデバイス

・保管庫にあるボーナスアイテム(DLCジャケット2種と登録報酬4種)の一部仕様を変更
・- アップグレードを特定回数重ねると、レア度が上がるように変更
・- 各アイテムのクラフト用設計図(レア)を追加。本変更に伴い、既存セーブデータにある利用可能なクラフト用設計図も更新されます

・人を抱えながらデバイスのON/OFFを切り替えられるように変更
・エレベーターのドアアニメーションが正しく再生されないことがあり、その結果ワールド外が見えてしまう問題を修正

・NPC関連

・双子以外の「喧嘩」の相手のHPを低下。双子は攻撃をブロックおよび回避するようになり、難易度がよりスキルベースになるように変更
・ウッドマンが自身のドロップアイテムでもあるアイアスを愛用するように変更。さらにボスから標準的な敵に降格
・サスカッチ、オダ、アダム・スマッシャー、ロイス、「喧嘩」のボス戦におけるNPCの挙動を修正

・近接戦闘で敵NPCがプレイヤーのブロックを崩せなくなる問題を修正
・プレイヤーおよびNPCの空中テイクダウンでクリッピングが発生する問題を修正
・高速・機敏タイプの敵のみがスピンおよびキック系の近接戦闘を行うように変更

・「コールドブラッド」の効果が発動していない間に敵を倒しても、「コールドブラッド」の経験値が得られる問題を修正。敵を倒した際に得る「コールドブラッド」の経験値は、その時点で有効な「コールドブラッド」の累積数に応じて上がるように変更
・しゃがみ状態から敵をグラップルするとクリッピングが発生する問題を修正
・ショットガンを使用する敵NPCがプレイヤーに与えるダメージ増加

・フィニッシャー中(特殊なとどめモーション)は敵に攻撃されにくくなるよう変更
・スナイパーNPCがプレイヤーに与えるダメージ増加
・スナイパーNPCが後退中にも射撃するように変更

・味方NPCが死体につまずく問題を修正
・NPCのスタミナを調整
・乗り物に轢かれ、回復できないNPCが一定時間後に死亡するように変更

・NPCをグラップル中にプレイヤーが死亡した際のアニメーションを修正
・警備員、バウンサー、警察NPCに賞金がかかっていることがある問題を修正
・一部NPCのTポーズを修正

・NPCが状態効果を与える能力を有しているにも関わらず、その能力を実行しない問題を修正
・ケレズニコフを有する敵が攻撃を回避しやすくなった代わりにHPを15%低下

・パーク

・様々なパークのバランスを調整し、一部をスキルツリーに移動。その結果、すべてのパークポイントがリセットされました。パーク画面から、ポイントを振り直してください(コストはかかりません)
・「血気」、「肉の盾」、「エピモルフォシス」、「コールドブラッド」、「凍血」、「カットスロート」パークをリワーク
・一部パークを撤廃し、代わりに新たなパークを追加

・- 「二人三脚」を撤廃(人を抱えている間、与えるダメージ増加) -> 新たに「不退転」を追加(攻撃を受けてもHP再生がキャンセルされなくなる)
・- 「アンブレイカブル」を撤廃(コールドブラッドの最大累積数を1増やす) -> 新たに「イージーアウト」を追加(「コールドブラッド」発動中、5m以内の敵に対する遠距離武器ダメージ+10/20%)
・- 「コマンドー」を撤廃(水中にいる間、敵に検知されなくなる) -> 新たに「シャープヘッド」を追加(ナイフ投げのヘッドショットが暗闇効果を付与)

・- 「サイレントフィニッシャー」を撤廃(HPが15%を下回る敵をナイフで攻撃すると、一撃で倒せるようになる) -> 新たに「ジャグラー」を追加(投げナイフで敵を倒すかクリティカルヒットを決めると、クールダウン中のナイフが全て補充される)
・- 「稲妻」を撤廃(テック武器のクリティカル率+3%) -> 新たに「線引き」を追加(「弾道コプロセッサ」サイバーウェアをインストールしている場合、パワー武器をエイムすると弾丸の跳弾軌道が可視化される)
・今回のパーク調整に伴い、「ステルス」スキルツリーの名称を「ニンジュツ」に変更

・「効率200%」、「フィールド・テクニシャン」、「最先端」のボーナスが動的になり、すでにクラフトした武器や衣類にも適用されるように変更。パークをリセットすると正常にボーナスが削除されるように修正

・プレイヤーアクション

・割れたガラスの間を飛び越え、登り、ジャンプ、ダッシュできるように変更
・死亡あるいは気絶した敵をクレートの中に捨てた場合、プレイヤーが壁の中やワールド外に移動することがある問題を修正

・乗り物

・複数の乗り物を呼び出すと、お互いに干渉しながらスポーンすることがあり、乗り物が粉砕されるか空中に吹き飛ばされる問題を修正
・敵対しているNPCが乗車している乗り物を奪うと、NPCの体が天井を貫通し、乗り物の中にい続ける問題を修正
・セーブデータをロードすると、乗り物が空中でスタックすることがある問題を修正

・武器

・投げナイフをリワーク。投げるたびに失われないようになり、クールダウン後に(ナイフにレア度に応じて時間変動)手元に戻るように変更。また、投げたナイフを直接拾うことでクールダウンをリセットすることも可能
・アイコニックナイフ「スティンガー」のステータスが取得時のプレイヤーレベルに応じて正しく変動するように修正
・一部スマート武器の弾速を「カン・タオ G-58 ディアン」と同等に引き上げ、プレイフィールを改善

・サイレンサー付き銃の発砲音範囲を3メートルから8メートルに拡大
・近接武器の「攻撃時の消費スタミナ減少」ステータスが正しく機能するように修正
・「クランチ」、「コールドショルダー」、「パックス」改造パーツの武器ダメージ増加効果を加算から%に変更

・近接武器の必要レベルがアップグレードのたびに上がるように変更。すでに装備中の武器は必要レベルに達していなくても使用できるが、装備から外した場合、再度装備するにはその必要レベルに達する必要がある
・「Stadium Love/闘技場の愛」で入手可能な「DR5 ノヴァ」のステータスが取得時のプレイヤーレベルに応じて正しく変動するように修正
・「Shoot To Thrill/地獄の“金”の音」の射撃大会でクラッシャーを使用できないように変更

・コントローラー使用時の難易度を下げるために、「We Gotta Live Together/ともに生きよう」のキャシディのチャレンジにエイムアシストを追加

・UI

・アイコンサイズ、ヒントテキストやフィルターなど、マップの利便性を改善。ズームレベルに応じたダイナミックフィルターや、カスタマイズ可能なフィルターなどを追加
・「時間をスキップ」インターフェースをリワーク。朝昼夕の切り替えがより簡単になり、スキップ先の時間を表示するよう変更
・様々なスコープのグラフィックをアップデート。視認性を改善し、新しいアニメーションを追加

・UIパネル、通知、ポップアップの可読性と一貫性、ビジュアルを改善
・ラジオで曲が再生されると、その曲名が通知で表示されるように変更
・乗り物に乗り込む際、HUDに乗り物の名前が表示されるように変更

・保管庫に入れたアイテムのステータスが、ヒントテキストで正しく表示されるように修正
・投げナイフのクロスヘアを調整
・HPバーの横に、効果発動中のバフとその累積数を確認できるバフカウンターを追加

・様々な画面とパネルにおける十字キーの操作性を改善
・データベースのワカコのエントリを加筆
・「I Fought the Law/権力との闘い」のケーブルボックスのインターフェースを改善

・異なる解像度でマウスカーソルが正常にスケーリングされない問題を修正
・ファストトラベルの目的地がロード画面前に表示される問題を修正
・メニュー内にチュートリアルウィンドウの一部が表示されることがある問題を修正

・ドロップしているチップを直接読み込み、すぐに閉じると、ゲームがフリーズすることがある問題を修正
・ロードアイコンが画面に表示され続けることがある問題を修正

・【ジョブ】

・ナイトシティ内にいくつかの隠し要素を追加。技術的な制限により、家庭用ゲーム機の旧世代機版ではご利用できませんのでご了承ください
・パナム、ケリー、リバー、ジュディとのメッセージや交流を追加し、ロマンス要素を増加
・ロマンスパートナーの家/部屋内で行えるアクションを追加(パートナーと同じベッドで寝るなど)

・NCPD通信指令およびフィクサーからかかってくる依頼系ホロコールをミュートする機能を追加。ミュートにした場合は自動的にホロコールをスキップし、テキストメッセージで情報を受信。「設定>ゲームプレイ>ホロコール」でカスタマイズ。デフォルトではNCPD通信指令がミュートされており、フィクサーのホロコールは受け取るようになっています
・重要なホロコール以外を拒否するオプションを追加。ホロコールがかかってきた際、画面上に表示される選択しで受け取るか拒否するか選ぶことができる。ホロコールを拒否した場合、テキストメッセージで情報を受信する
・ホロコールシステムを改善。最初のホロコールのロードに時間がかかりすぎると、その後のホロコールが積み重なる問題を修正

・ナイトシティ内のクラブで流れる音楽のボリュームを上げ、夜遊びをさらに充実したものに
・サイバー空間から帰還した後でも視覚のゆがみ効果が残り続けることがある問題を修正
・リバーにホロコールをかけた直後にコールを切られる問題を修正。失礼な奴だ!

・「Automatic Love/機械仕掛けの愛」 - リジーズ・バーが営業時間中にも関わらず閉じていることがある問題を修正
・「喧嘩」 - 各戦闘のジャーナルエントリが、戦闘エリアを発見後に表示されるように変更
・「喧嘩」 - 戦闘前に武器を落とし、戦闘開始後にその武器を拾える問題を修正

・「グレンの王者」 - エル・シーザーの車をもらわなかったにも関わらず、シーザーがテキストメッセージで車の状態について聞いてくる問題を修正
・「Coin Operated Boy/からくり少年」 - 目標「セオと話す」中にセオが消える問題を修正
・「Disasterpiece/悪夢の作品」 - 裏BDを入手後、ジュディのバンに乗り込むことができなくなる問題を修正

・「殺しのドレス」 - ソートン コルビーがあるはずの場所にない問題を修正
・「Epistrophy/結句反復」 - 各デラマンに関するジャーナルエントリが、それぞれのデラマンを発見後に表示されるように変更
・「Epistrophy/結句反復」 - ジョブを完了し、「統合」または「解放」を選んだあとにデラマンに関する新しいコメントを追加

・「Ex-Factor/過去の恋」 - ジュディがホロコールをかけてこず、ジョブが開始しないことがある問題を修正
・「Ex-Factor/過去の恋」 -ジュディがクラウドのバルコニーにスポーンせず、進行不能になることがある問題を修正
・「Ex-Factor/過去の恋」 - ジョブ中にプレイヤーがマイコのピストル「ヌエ Death and Taxes」を取らなかった場合、他の場所で発見できるように変更

・「I Fought the Law/権力との闘い」 - ハン刑事との重要なシーン中に、リバーの車の中で待ち続けることができないように変更
・「Killing In The Name/大義のための犠牲」 - ルーターをハックする際、サイバーデッキをインストールしていなくてもミニゲームが正しく表示されるように修正
・「Life During Wartime/戦いを生きる」 - 目標「痕跡をスキャンする」の場所が変わることがある問題を修正

・「M'ap Tann Pelen/罠にかかった獲物」 - 精肉店のNPCがスポーンせず、進行不能になることがある問題を修正
・「M'ap Tann Pelen/罠にかかった獲物」 - ローランドの精肉店で、プラシドと話すことができないことがある問題を修正
・「Off the Leash/首輪を解き放て」 - ケリーとUs Cracksのコンサートで、同じ服装をしたNPCがいる問題を修正

・「Pisces/双魚宮」 - 整備フロアへ移動するエレベーター内で誰かにホロコールをかけた場合、ヒロミのアパートが出られなくなることがある問題を修正
・「Riders on the Storm/嵐の乗り手」 - 特定の状況下で、パナムとミッチに話しかけることができなくなる問題を修正
・「Search and Destroy/索敵と殲滅」 - ジョブ完了後にほかのメインジョブが表示されなくなることがある問題を修正

・「Sweet Dreams/よい夢を」 - 最初にステファンの話を断り、ブレインダンスの返金を求めた場合、このジョブと目標「ステファンと話す」が再度ジャーナルに表示される問題を修正
・「情報」 - ブレインダンスのチュートリアルをスキップするオプションを追加
・「These Boots Are Made for Walkin'/にくい貴方」 - Vの車が消えることがある問題を修正

・「With a Little Help from My Friends/友の力を借りて」 - 「Riders on the Storm/嵐の乗り手」の後、パナムがホロコールをかけてこず、ジョブが開始されないことがある問題を修正

・【オープンワールド】

・フィクサーの信頼度システムを追加。信頼が増すほど新しい依頼セットが増え、各地域のフィクサーからその時点で依頼されているセットをすべてこなすと、次のセットが追加されるように変更。

・さらに、各フィクサーの依頼をすべて完了すると、特別報酬をもらえるように変更(ミスター・ハンズ以外)。報酬内容はそれぞれのフィクサーによって異なり、マップにある各フィクサーのアイコンにカーソルを合わせることで、依頼の進捗を確認することができる
・ナイトシティの住人たちをさらに多様化。各地区におけるイベントや会話を追加
・チャーター・ヒルの暴行 - 証拠を拾えない問題を修正

・コーポ・プラザの暴行 - ヘイウッドを訪れる前に証拠を入手していた場合、進行不能になることがある問題を修正
・カブキの暴行 - 「The Prophet's Song/預言者の唄」完了後に、アクティビティが再度表示される問題を修正
・「依頼: 特大スクープ」 - トラックが地中に埋まり、進行不能になる問題を修正。注意:マーカーが地中を示している場合でも、ガレージに近づくと乗り物がスポーンします

・「依頼: 大切な家宝」 - マーカーに近づいても依頼がトリガーされず、「未確認」のまま進まなくなる問題を修正
・「依頼: 報道の自由」 - TVスタジオの建物に入った際に依頼が失敗になる問題を修正
・「依頼: お別れパーティー」 - 車が地中にスポーンする問題を修正。注意:本パッチ前にこの問題に遭遇されていた場合、フラビオをエスコートし始めないと車がスポーンしない可能性があります

・「依頼: モルモット」 - ホテル内のエレベーターが閉まっており、進行不能になる問題を修正
・「依頼: ライフワーク」 - 車がスポーンしない、あるいは適切な場所にスポーンしない問題を修正
・「依頼: 主は与え、主は奪う」 - SUVが正常にスポーンするように修正

・「調査: パラノイア」 - より簡単に建物を登り、隠し場所にたどり着けるよう調整
・「サイバーサイコ目撃: 湖上の煙」 - 目標「バンを調べる [任意]」が残り続け、依頼を完了できなくなる問題を修正

・【グラフィック、オーディオ、アニメーション、シネマティック・デザイン】

・水のビジュアルを改善し、インタラクションを追加。弾丸の着水時など、さざ波や水しぶきが様々な状況で生成されるように調整
・乗り物の窓に落ちる雨のビジュアル効果を改善
・バイクにネオンリムを追加。Eキー(コントローラーの場合は左スティック押し込み)で切り替え可能

・「光学迷彩」サイバーウェアのビジュアル向上
・ジョニーのセリフの字幕が画面に表示され続ける問題を修正
・AVが建物を貫通して飛行する問題を修正

・【環境とレベル】

・天候システムを改善。天候変化が特定条件を満たしたうえで、またより論理的な順序で切り替わるように調整
・世界観やジョブの内容により没入できるよう、ワールド内に落ちているアイテムの量を大幅に減少

・【パフォーマンス&安定性】

・HDDモードに自動検知オプションを追加。有効にした場合、ゲームがインストールされているドライブを自動で検知し、必要に応じてデータローディングと群衆活動をブースト。その際、群衆およびロード画面の種類、高速運転時の道路ディテールは少なくなる
・Contrast Adaptive Sharpening (CAS)を削除し、AMD FidelityFX™ Super Resolution (FSR) 1.0アルゴリズムを追加。PCの場合は、「設定>グラフィック>解像度スケーリング」で設定可能。家庭用ゲーム機は非対応となります
・安定化および最適化に関する様々な修正および改善

【PC版固有】

・ベンチマークモードを追加。「設定>ベンチマークを実行」から実行可能
・キーボード使用時に「徒歩切り替え」オプションを追加。デフォルトでは、ワールド探索時にGキーで起動(設定でキーバインドを変更可能)
・一部車両の光沢のある表面における透明レイトレース反射を有効化

・フレームレートに応じてシェーディングレートを変えることで、レンダリングとビジュアルクオリティをブーストする可変レート シェーディング(VRS)を有効化
・レイトレーシングを有効にした場合、AMDのグラフィックスカードで解像度スケーリングが利用できなくなる問題を修正
・GeForce GTX 700シリーズのサポートを停止。

・これに伴い、最小動作環境におけるNvidiaのグラフィックカードをGTX 970に変更。
・なお本作は700シリーズで動作しないわけではありませんが、弊社側で同シリーズのカードを利用したテストプレイは今度行わないため、保証はしかねますのでご了承ください
・Windows 7の今後のサポート

・DirectX12がWindows 7ネイティブではないことから発生する技術的制限、グラフィックドライバーへのサポートの停止または制限を考慮した結果、2022年6月15日をもってWindows 7のサポートを終了することにしました。
・サポート終了後にパッチが適用された場合、Windows 7ではゲームが動作しなくなる可能性がありますので、予めご了承ください。

・【家庭用ゲーム機版固有】

・ポルトガル版(PlayStationのボックスコード:CUSA-18278、CUSA-18279)にブラジルポルトガル語対応を追加。言語サポートの詳細はこちらをご確認ください:Xbox、PlayStation.
・PS4からPS5へのセーブデータ転送機能を追加。手順の詳細に関してはこちらをご確認ください
・一人称視点でVの口と髪が視野に入る問題を修正

・【STADIA版固有】

・その他プラットフォームと同等になるように視野角を拡大

なお、本リストはパッチ1.5に含まれるすべての追加要素や修正・改善を記載するものではありません。残りはぜひゲーム内で体験してみてください!

 

以上ここまで。

次世代機対応に向けて、かなり大掛かりな基礎工事を行ったようだ。

これでゲームの土台が準備できたので、ひょっとすると有料コンテンツ展開も今後あるのか?

今から新規で購入、もしくはゲームをやり直すのは良いタイミングかもしれない。

公式のフォーラムへのリンクも貼っておくので、続報や詳細が気になる人はここをチェック。
(公式フォーラム)

ではまた。

-Cyberpunk2077
-, ,

Copyright© 悲しみのゲムール , 2022 All Rights Reserved.