music

【MUSIC】AURORA/オーロラ

2022年3月30日

今日紹介するアーティストは、この人。

AURORA(オーロラ)

 

ノルウェー・エレクトロ・ポップの気鋭

3作目となるアルバム “The Gods We Can Touch”が2022年1月21日に発売された。

プロフィール
”オーロラ(AURORA)は、6歳のときに「一人で座って何かを創作したい」という衝動に駆られ、わずか12歳のときには「Runaway」という曲を書き上げた。「Runaway」は2015年に正式にシングルとしてリリースされたが、大自然を彷彿させる表現力と透き通った声で世界中にその独特な存在感が衝撃を与えた。何千マイルも離れた場所で、「Runaway」を聴いた当時12歳のビリー・アイリッシュにも「こういう音楽を作りたい」と感じさせるきっかけとなったほどに。

ノルウェーのベルゲン近郊の森と山に囲まれて育ったオーロラは、ノルウェーを拠点に活躍するシンガー、ソングライター、そしてプロデューサー。先に述べた「Runaway」を含むデビューEP『Running with the Wolves』を2015年に発表し、本格的にアーティストとしての活動をスタートさせる。同作品は本国ノルウェーを中心に高く評価され、“ノルウェーのグラミー賞”と呼ばれるSpellemann(スペッレマン)では「最優秀新人賞」を受賞。同年にノルウェーの首都オスロで毎年行われるノーベル平和賞コンサートでもパフォーマーの1人として抜擢された。”

公式サイトより

上のプロフィールでも書かれているが、彼女、ビリー・アイリッシュにも活動のきっかけを感じさせるような存在。

ビリー・アイリッシュについてはこちら

ビリーアイキャッチ
【MUSIC】Billie Eilish/ビリー アイリッシュ

今日紹介するアーティストは、今勢いにのっているこの人。 Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ)   新世代のロックアイコン 待望のデビュー・アルバム “WHEN WE ALL F ...

続きを見る

初めて彼女を知ったのは、この動画で

▼AURORA covers Massive Attack 'Teardrop' for Like A Version

声の表現力と存在感がちょっと浮世離れしてる。

その時は若い子なのに、カバーする選曲が渋いなぁと思っていた。

ちなみにオリジナルはこれ。

▼Massive Attack - Teardrop (Official Video)

そこからしばらくが経ち、新作が発表されるという頃に知ったこの動画で、改めて驚かされて、今に至るという訳だ。

▼AURORA - Cure For Me (Official Video)

とにかくメロディが秀逸。

客演仕事でも、凄い所とコラボしてたりする。

▼The Chemical Brothers - Eve Of Destruction

緑色液球体!

そうそう、驚かされたと言えば、今回、この記事を書く為、調べていると、彼女、「アナと雪の女王2」の曲でfeaturingされていた事にもビックリした。

▼Idina Menzel, AURORA - Into the Unknown (From "Frozen 2")

この曲は知っていたが、それは知らなかった。

そんな彼女だが、歌詞やメロディで描く世界観は内省的なものや、哲学的な事柄が多かったりする。
(これはノルウェーという土地柄や気候も影響しているのか?)

“The Gods We Can Touch”というアルバムでも、モチーフとなるのは、ギリシャ神話で、曰く、ギリシャ神話の神々の人間臭さや不完全さに興味を持って、コンセプトとして取り入れたそうだ。
(この辺りの作品では、ゲームブログ的には、『HADES(ハデス)』や『GoW(ゴッドオブウォー)がおススメ。)

で、今回の三作目、これまでのスピリチュアルな部分であったり、内面的な要素が、外向きのポップな要素と上手く結びつき、バランスの良い仕上がりになっているように感じた。

これは彼女がキャリアを積み、その表現力に磨きが掛かってきた証拠だと思う。

▼AURORA - A Temporary High

この曲とか結構、ギリギリのバランスで成立してると思う。
下手したらってやつだ。

時折見せるあどけなさであったり、聴いているこちらがギクッとするような芯をついた歌詞であったりと様々な表情、表現を見せてくれる彼女。

今後の行く末が楽しみなアーティストの一人である。

いやはや、ほんと勢いがある。
ではでは、また。

-music

Copyright© 悲しみのゲムール , 2022 All Rights Reserved.