悲しみのゲムール

Sadness and Happiness

music

AWOLNATION/エイウォルネイション

更新日:

AWOLNATION

 

もう遠くへ行ってしまおうか・・

今回紹介する動画はこちら。

 

▼TVCM BMW ニューイヤー 2013

そうなんです。BMWを買って欲しいんです。違います。

 

 

こちらでした。間違えました。すいません。
▼映画『悪の法則』

そうなんです。あなたに危険が迫っているので、今すぐトリニダード・トバゴ辺りに逃げて欲しいんです。競歩で。
ごめんなさい。嘘なんです。

 

そう。二つの動画のBGMになっているのが、AWOLNATIONというバンドのSailという曲。
▼AWOLNATION - Sail (Official Music Video)

この曲、ダブステップの要素もあり、只のEDMミックスのロックでは無い感じ。

 

AWOLNATION(エイウォルネイション)
▼プロフィール

Red Bull Records所属のアーティスト。

「Sail」はポップソングのラジオ局でもプレイされて、僕自身もJustin BieberやMiley Cyrusと並んで扱われたけれど、僕はその世界の人じゃない。こうなると自分のファンがどういう人たちなのかを把握するのが難しくなる。僕自身のファンなのか、それとも「Sail」のファンなのか? ってね。でもコアなファンがどこにいるのかは分かっているよ。だからファーストシングルに「Hollow Moon」を選んだんだ(アルバムは3月にリリース予定)。このシングルを選んだということは、僕たちはクロスオーバーヒットを狙っていないってことさ。僕たちはオルタナティブ系のラジオ曲だけを狙っていく。自然にクロスオーバーヒットになれば、それはそれで素晴らしいけれど、まずはコアなファンに僕たちの音楽を届けたい。あとはなるようになるからね。

Red Bullインタビュー

上記のインタビューからも伺える様に、トレンドを意識しつつも自身のルーツであるグランジ、オルタナティブサウンドは忘れずに曲作りをし、自分達のコアなファンをしっかりと捉えているようだ。

 

▼AWOLNATION-Windows(Lyric Video)

この曲でもノイジーなサウンドとポップさが絶妙なバランスで仕上がっている。

 

 

最後にもう1曲。
▼AWOLNATION - Run (Beautiful Things)

こちらも素晴らしい仕上がり。
AWOLNATIONは個人的にはグランジの可能性を感じさせてくれたバンド。
MUSE好きには、刺さるかもしれないそんなバンド。オススメ。

 

遠くへ行ってしまいたい時があるかもしれないし、失敗や不幸で消えて無くなりたくなるかもしれない。
そんな時でもふと気分転換が出来ればと思う。

 

-music

Copyright© 悲しみのゲムール , 2019 All Rights Reserved.