game

【GAME】『スカール・Skul: The Hero Slayer』/2Dローグライクアクション・レビュー

2021年10月28日

『スカール/Skul: The Hero Slayer』

発売日
2021年10月21日

希望小売価格
2,100円(税込)(switch版)

ジャンル
2D・ローグライクアクション

プレイ人数
1人

対応機種
PlayStation 4、switch、PC、XboX

レーティング
12+

対応言語(Language)
日本語,フランス語,ドイツ語,スペイン語,韓国語,ロシア語,中国語 (簡体字),ポルトガル語,中国語 (繁体字),英語

開発元
southPAW Games
Twitter

発売元
NEOWIZ

 

今日紹介するゲームは、『スカール/Skul: The Hero Slayer』

開発、販売元ともに韓国の会社で、ゲーム自体は2021年年初にPC版で販売されていた。
(販売元であるNEOWIZはPCオンラインゲームBLESS UNLEASHEDのパブリッシングも行っているよう)

PCプラットフォームのSteamでは、好評価の数が非常に高く、以前より気になっていたゲーム。

ゲーム内容は2Dローグライクアクション。

Skul: The Hero Slayer - Official Release Trailer

今回Switch版を購入。

プレイした所、かなりコスパが良く、とても楽しめたので、取り上げてみようと思う。

ゲーム紹介:

内容について

『Skul:The Hero Slayer』は2Dローグライク・アクションプラットフォーマーゲームです。魔王の城の警備を担当しているちびっ子スケルトン「スカル」は、人間たちに捕まった魔王を救出するために勇者や冒険家、そして帝国軍に一人で立ち向かい始めます。

Steam内容説明より引用

ローカライズについて

日本語の翻訳部分は、時折怪しかった。

しかし、進行には差し支えなく、アクション部分を楽しむという点では問題無し。

それから、ムービーパートでのボイスは韓国語なので、こちらもいきなりだと面食らうかもしれない。

ロードや処理落ちについて

気になったロードや処理落ちは無し。

ゲーム後半、敵がすごく出現する場面では、装備のエフェクト次第で少々カクついた。(switch版)

グラフィックについて

グラフィックは丁寧に作られたドットアクションという印象。

道中では、ランダムで様々なサブイベントも発生する。

キャラのタッチも含めて、可愛らしく、素晴らしい出来映え。

操作性について

操作性については、引っかかる所は無かった。

コントローラーのカスタム設定は有り。

ボリュームについて

ボリュームについては、値段を考慮すると、非常にコスパが高い。

周回が必要なゲーム性、そして、その都度アンロックしていく強化要素など、高いクオリティとバランスでまとまっているなぁという印象。

使用できるキャラについて

プレイ可能なキャラは主人公であるスカルのみ。

しかし、本作では頭部を入れ替えて、プレイするという内容となっている。

この入れ替え可能な頭部が、アンロックしていくのものも含めると、かなり多い。

その頭部が、プレイごとにランダムで出現するという仕様。

ゲーム内でのオプションについて

選択可能なオプションは四種類

コントローラーのカスタム設定は有り

グラフィック

照明効果(オン/オフ)
・画面揺れ
・HD振動強度

データ

・データ初期化
・カットシーン初期化

オーディオ

・音量
・音楽
・効果音

ゲームプレイ

・言語

・ルーキーモード(初心者救済モード)

・タイマー表示
・UI表示(すべて表示・HUD非表示・すべて非表示)

固有アクションについて

このゲームでは、スカルの頭部それぞれが持つ固有アクションがあるので、それによってプレイフィールが変わるのが面白かった。

これはゴッドでオブウォーなスカルかな?

例えばパワータイプのスカルを装備した場合、ダッシュにシールドや攻撃効果などが付いたり、スピードタイプのスカルを装備した際は、ワープ効果があるスキルが付いている時があったりと、ゲーム展開がガラリと変わる。

スカルの強化方法と装備について

・強化方法

強化方法は、ゲーム内で敵やボスなどを倒して得られる魔石を使用して、行う。

各項目ごとに段階がある。

・アイテムの装備

また、アイテムを装備する事で、様々なバフ効果などが得られる。

バフ効果にもセット効果があり、装備した数によって、効果が強化されていく。

アイテムの装備上限は9つ。

それ以上の場合、何かを捨て、取得していく事に。

そして、ここが悩ましくて、面白かったポイントでもある。

このゲームの気になったポイント

良いバランスでまとまっているゲームだと思うが、色々と惜しい所もあった。

・少し雑な日本語ローカライズ

これはそのまま。

しかし、無視できる所ではある。

・当たりとハズレの頭部がある。

このゲーム、とにかくスカルの頭部が重要。

なのだが、プレイヤーの引きによっては、ゲーム展開がかなりツラくなったりする。

ま、そこもランダム万歳、ローグライク万歳なら、リプレイ周回も苦にはならなかったりするが。

・序盤のゲーム展開が少し不安

ゲームが進行し、様々な要素がアンロックされていくと、バフの効果を吟味したり、頭部の入れ替えを楽しめたりもするが、アンロックや強化要素が出揃わない序盤は、主人公の弱さも相まって、少し無理ゲーに感じてしまうかもしれない。

とにかく高レアの頭部が出現した時に、一気にゲームを進行させ、キャラ強化を行うのに必要な魔石やアンロック要素を解放しよう。出揃ってくるとゲームの進行テンポも含めて、楽しめるようになる。

1面のボス討伐まで頑張ってみて。

以上ここまでを踏まえて、デッドセルなどの良質な2Dローグライクアクションなどを十二分に消化し、コンパクトに、丁寧にまとめたゲームという印象。(個人的にはダングリードに近いかな。)

ローグライクアクションで、キャラの強化やアイテムのシナジーを楽しめる人には、おススメ。

その他のハクスラゲームおススメもいくつか。

victorアイキャッチ2
【GAME】Victor Vran Overkill Edition/ヴィクター・ヴラン オーバーキル・エディション

Victor Vran Overkill Edition/ヴィクター・ヴラン オーバーキルエディション 発売日 2019年2月14日 希望小売価格 パッケージ版4,800円(税別) DL版:3,800 ...

続きを見る

エイリアンネーションアイキャッチ1
【GAME】ALIENATION/エイリアンネーション

  今日紹介するゲームはALIENATION(PS4) 価格は2200円(税込)、ダウンロード専売   目次地球外知的生命体XENOSの襲来は静かに開幕したこれはSF版ディアブロゲ ...

続きを見る

ruinerアイキャッチ
【GAME】Ruiner/ルイナー

今日紹介するゲームはRuiner(PS4) ニンテンドーSwitchでの発売も発表された今作。   考えるなっ、感じろっ!とにかくその手の銃をブッ放せっ。 ジャンルは見下ろし型のアクションゲ ...

続きを見る

ではまた。

-game
-, ,

Copyright© 悲しみのゲムール , 2021 All Rights Reserved.