game

【GAME】ゴーストオブツシマ/『Legends/冥人奇譚』について

冥人奇譚11

Ghost of Tsushima/ゴーストオブツシマ(PS4)
大型アップデート『Legends/冥人奇譚』

事前にアナウンスされていた大型アップデートについて、予定通り10月17日に配信。
かなりスゴイ仕上がりになっていて、これが無料とは凄まじい。

プレイして、気づいた事やちょっとしたポイントなどを、PlayStation.Blogの内容なども交え、一部加筆修正して、紹介。
また、PlayStation.Blogでもプレイガイドが掲載されているので、是非参考に。

冥人奇譚の始め方について

最初のゲームメニューから選ぶか、ゲーム内のNPC『行善』と会話して、『冥人奇譚』を始める事ができる。
一番初めに世界観の説明と簡単なキャラチュートリアルが行われる。奇譚メニュー1奇譚メニュー2それを終えると、自分がプレイする役目(キャラクタータイプ)を四種類の中から、一つ選ぶ。
ここで選んだもの以外の役目(キャラクタータイプ)も、自身の格(ランク)が上がると全て使用できるようになる。

用意された4つの役目(キャラクタータイプ)の中から最初の役目を選んだ後、その役目の格(ランク)を上げることで、他の役目をアンロックできるようになります。2人や4人で組むチームはどのような役目の組み合わせでもOK。どの役目でも隠密、近接攻撃、遠距離攻撃を行なえますし、固有武具以外の武具をすべて装備することができます。

役目について

「Legends/冥人奇譚」には4種の”役目”(キャラクタータイプ)があり、どの役目にも独自の特技や奥義があります。「Legends/冥人奇譚」を開始すると、それぞれの役目を紹介する短いチュートリアルの後で、最初になりたい役目を選びます。戦いを重ねるにつれて、やがてほかの役目も選べるようになります。冥11

最初から使える特技に加え、力をつけるにつれて新たな特技が使えるようになっていきます。さらに、特定の役目だけが使える護符や飛び道具も登場します。

他のプレイヤーと遊ぶときにはどの役目を何人が選ぼうと構いません。全員が同じ役目だろうと、ひとりずつ全部の役目になろうと、それ以外のどのような組み合わせだろうと選ぶことができます。

侍は、正面切って戦い、その場を守る役目です。体力を保ちながら、間近の敵を斬り裂きます。多勢の敵には、奥義「八幡の怒り」を使えば八幡の加護による神速の連撃で敵を撫で切りにできます。冥22侍1侍奥義2

弓取

弓取は、彼方から味方を助け、敵を射貫く役目です。破裂矢によって敵の勢いを止めたり、乱戦のさなかには、奥義「内経の眼」で矢継ぎ早に矢を放って敵の頭を貫いたりできます。 冥33弓取1弓取奥義1

牢人

牢人は、奥義の「伊邪那美の息吹」で倒れた仲間を全員蘇生することができます。牢人を選んだあなたは仲間思いなのでしょう。あるいは、牢人の特技である犬の式神を召喚したいからでしょうか(そう、犬の式神も、もちろん撫でられます!)。 冥44牢人1牢人奥義1

刺客

命取りとなるような一撃を放ちたい方は、刺客を気に入ることでしょう。奥義の「闇烏」は戦場を股にかけて影を縫い、敵の虚を突くことができます。それでも足りなければ、刺客がつける恐ろしげな面を見てください。 冥55刺客1刺客奥義1

VC(ボイスチャット)について

役目を選び終えると、いよいよ出陣となるのだが、少し注意。
このゲームモード、デフォルトでVC(ボイスチャット)が有効になっているので、結構他のプレイヤーの声がガンガン入ってくる。

VC(ボイスチャット)に抵抗のないプレイヤーはそのままでも構わないが、それが嫌なら設定で変更しよう。

まずメニュー項目の『オンライン』から、『パーティ』のそれぞれの名前で〇ボタン(設定を確認)を押そう。
『招待を送る』、『ボイスチャットを有効にする』、『プロフィールを確認する』という項目があるので、ここからVC(ボイスチャット)を有効、無効化できる。

これで深夜のお菓子を食べている音もオフにできるぞっ。

後は画面左上の『設定』タブ、サウンド設定から『チャット音量』という項目があるので、ここを0にするといい。チャット音量1

VC(ボイスチャット)を有効に使いたい人は上に挙げた項目を適宜変更しよう。

用意されているゲームモードについて

「奇譚」(ストーリーミッション)

2人プレイ用のストーリーミッション「奇譚」では、行善による“対馬であった真の事”の語りを体験してゆきます。高い難易度を解放することができれば、そこで、新たな敵や手ごわい敵と出会い、ボーナス目標が与えられ、貴重な褒美を得ることができるでしょう。

「九死」(サバイバルミッション)

「九死」では、ほかの3人のプレイヤーと組んで対馬の各地で要所を守りながら押し寄せる敵勢を撃退しなければなりません。プレイヤーたちは“恵み”を使って、“近くの敵を炎上”や“熊の式神を召喚”などの助けを得ることができます。長く生き延びるほど、また、多くのボーナス目標を完了するほど、一層多くの褒美を得ることができるでしょう。

「大禍」(レイド)

そこは般若のつかさどる国。これまで鍛え上げた技量を備え、集めた最良の武具を身に着け、屈強なる仲間3人と力を合わせて、あなたはついに対馬を襲った災厄の深奥へと足を踏み入れます……。「大禍」は三幕からなる危険な旅路で、最上の絆と連携で結ばれた4人組でなくては踏破することができません。「大禍」の配信は、「Legends/冥人奇譚」の配信から数週間後を予定しています。

この中で「大過」(レイド)については、配信日の17日には未実装。
内容説明には乞うご期待とある。

やり込み要素について

基本的には、上記に挙げたプレイモードをこなして、手柄を上げ、自身の格を上げていき、キャラの能力をアンロック、そして褒美を入手していくという流れ(そして、それが全役目分)になる。技アンロック1

褒美の内容は服飾、装飾品やエモート、また武具護符などにはレアリティがあり、OP(『弓の引き絞りの速さ』などの付与効果)が付く仕様となっている。装飾品1武器OP1装備には、数字がついており、この平均で能力が高くなっていく。
(ディビジョンとかディスティニーのようなギアスコアシステムみたいなもの。)ギアスコア1ギアスコア2ギアスコア3ここの部分については、正直ここまでやり込めると思ってなかった程の嬉しい誤算だった。

 

-game
-, ,

Copyright© 悲しみのゲムール , 2020 All Rights Reserved.