The Division 2

【ディビジョン2】新機能『マイスター』(EXPERTISE)について・『INTELLIGENCE ANNEX2』

2021年12月1日

ランディング
Tom Clancy's The Division 2【ディビジョン2】記事まとめ・一覧

WoNY(ウォーロードオブニューヨーク) ▼ アップデート情報 ・SoTG/TU(タイトルアップデート) ▼ スペシャリゼーション 入手方法 ・ファイアウォール ・テクニシャン ・ガンナー スキルツリ ...

続きを見る

『ディビジョン2/The Division 2』の今後の展開について、公式よりINTELLIGENCE ANNEX2が公開された。今回は新たな育成、進捗システム『マイスター(Expertise)』について、説明があったので、紹介。

詳細については、こちら。(日本語公式リンク)
(※日本語公式では、マイスターの表記で行くようなので、それに倣い、内容を差し替え、一部加筆修正をして、掲載している。英語表記と日本語表記に違いがあるので、一応併記しておく。)

INTELLIGENCE ANNEX:『マイスター(Expertise)』について

エージェントの皆さん!

INTELLIGENCE ANNEXへようこそ。このシリーズでは『ディビジョン2』に導入予定のコンテンツや機能に関する最新情報をお届けしています。

今回ご紹介するのは新たな進行機能『マイスター(Expertise)』です。

ご存じのとおり、現場にいる全てのエージェントにとって重要なのは、装備の最大限の活用です。時には装備品を極限まで強化し、戦いに備えるために多くの計画(と難しい判断)がなされることもあります。

この新機能の内容については実装後に見ていただければ一目瞭然ですが、初めての紹介となるこの記事でも概要をできるだけお伝えしたいと思います!

『マイスター(Expertise)』とは?

『マイスター(Expertise)』とは、エージェントが装備、武器、スキルヴァリアントのパフォーマンスをさらに発展させる新たな手段です。

この機能により、装備の『グレード(Grade)』を上げて装備の基本ステータスを直接向上させ、高い効率を目指せるようになります。

当然ながら、この機能は既存のクラフトと再調整システムを補うものとして、戦闘中に自分のアイテムを使用しながら力を得るための新たな手段となります。

『マイスター(Expertise)』は作戦基地やヘイブンの再調整ステーションに新しく登場する専用の『マイスター(Expertise)』タブから利用できます。

『マイスター(Expertise)』機能の仕組みは以下のとおりです。

『マイスター(Expertise)』機能では、アイテム、ブランド、装備セットの『グレード(Grade)』を上げて、武器の基本ダメージボーナスといった基本ステータスを向上させることができます。

・アイテムの『グレード(Grade)』は、『マイスターレベル(Expertise Level)』の数字と同じ回数だけ上げることが可能です。

『マイスターレベル(Expertise Level)』 を獲得するには、戦闘でアイテム、ブランド、装備セットを使用、またはそれらのリサーチに材料を使って『マスターランク(Proficiency Ranks)』を得る必要があります。

・上記の装備の『マスターランク(Proficiency Ranks)』が最大になると、そのアイテムの『マスター(Proficient)』になります。

・『グレード(Grade)』 を上げられるのは、自分が『マスター/(Proficient)』となっているアイテム、ブランド、装備セットだけですのでご注意ください。

私たちはこの機能を通じて、好みのビルドやプレイスタイルを変えたくない皆さんにも、不利益を受けずに新しいビルドやプレイスタイルを体験していただきたいと考えています。

この機能と、今後『マイスター(Expertise)』を進めていく方法について深堀りした情報をもう少しお伝えしましょう。

『マイスター(Expertise)』対応アイテムのタイプ

『マイスター(Expertise)』は下記のアイテムタイプで利用可能です:

・武器(ブラックマーケット AK-M、P416、SOCOM Mk20 SSRなど)

・ブランド(ギラ・ガード、アルプスサミット・アーマメント、ウォーカー・ハリス社など)

・装備セット(ストライカーバトルギア、エース&エイト、ハンターズフューリーなど)

・名前付きアイテム(フォックスの祈り、ホワイトデス、ザ・ホローマンなど)

・エキゾチック(レディ・リバティ、ダイアモンドバック、「ターディグレイド」アーマーシステムなど)

・スキルヴァリアント(エクスプローシブ粘着爆弾、インシネレータータレット、ディフェンダードローンなど)

・特殊武器(サバイバリストクロスボウ、K8-ジェットストリームフレイムスローワー、P-017ミサイルランチャーなど)

ブランドと装備セットについては、これらのセット内の対応するアイテムの熟練度を全て同時に上げることができます。

熟練度アップに着手する前にアイテムを入手する必要はありません。リサーチが可能なアイテムは、いつでも再調整ステーションの『マイスター(Expertise)』タブで全て確認できます。

また、新たなコンテンツの追加に伴い対応アイテムのプールが増えますので、『マイスターレベル(Expertise Level)』をより高くアップさせるチャンスが生まれます!

これで新たなシーズンで導入される装備を見つけて楽しむ理由がまた1つ増えますね!

アイテムの熟練度の獲得

最大『マスターランク(Proficiency Ranks)(10)』到達までに必要なマスターポイントの量は、アイテムの品質とタイプによって決まります。

アイテムに対する熟練度を高める方法は以下の3種類です:

戦闘時にアイテムを使用してキルXPを獲得

・対応アイテムを装備した状態でキルXPを獲得すると、装備した各アイテムに対して「マスターポイント」が得られる。
・ブランドまたはセットからいくつかのアイテムを装備していると、このタイプに対する「マスターポイント」の獲得量が増加する。

適合するアイテムを寄付

・類似した装備セットやブランドといった、熟練度を高めたいアイテムと同等のものであれば、どんなアイテムでも寄付できる。

材料を寄付

・材料や通貨を活用して熟練度を上げることもできる。希少な要素があれば、効果が上昇する。
・早く進めるにはアイテムや材料の寄付がいい方法ですが、対応アイテムを装備していれば、ゲーム内で何らかのアクティビティをプレイすることで自然と「マスター」ポイントを獲得できます。

現在のアイテムの『マスターランク(Proficiency Ranks)』はいつでもメニューから確認できます。

または、再調整ステーションで全ての『マスターランク(Proficiency Ranks)』と、現在のコレクションから見逃しそうなアイテムを見直すことが可能です。

『マイスターレベル(Expertise Level)』と使用法

より多くのアイテムの『マスターランク(Proficiency Ranks)』を増やしていくと、エージェントの『マイスターレベル(Expertise Level)』も上昇します。

レベルアップには、一定の『マスターランク(Proficiency Ranks)』に到達する必要があります。

全ての『マイスター(Expertise)』と『マスター/(Proficiency)』の進行はアカウント共通です。

『マイスターレベル(Expertise Level)』毎に、材料を使ってアイテムをアップグレードする能力が向上します。

「最適化」機能によく似ていますが、これは特定の特性を最大値に向けて上昇させるのではなく、アイテムの基本ステータスを上昇させるものです。

これにより、アイテムの『グレード(Grade)』が上がります。

ただし、アイテムをアップグレードできるのは、プレイヤーがそのアイテムの『マスターランク(Proficiency Ranks)』を最大にして『マスター/(Proficient)』になっている場合に限られます。

どのアイテムも、現在の『マイスターレベル(Expertise Level)』と同じ回数アップグレードできます。

各カテゴリーのアイテムをアップグレードすると、そのアイテムカテゴリーに属するアイテムに効果をもたらします。

武器:基本ダメージが1%増加
装備:基本アーマー値が1%増加
スキル:基本ダメージ/回復/ステータス効果持続時間1%増加

重要なお知らせ:現在の値は開発中のもので、将来のバランス調整の必要性や公開テストサーバー(PTS)のフィードバックにより変更となる可能性があります。

対象となるアイテムのランクアップにより、『マイスターレベル(Expertise Level)』を継続して上昇させることが可能です。新しいアイテムがゲームに追加されるたびに、『マイスターレベル(Expertise Level)』の最大値も上昇します。

結びの言葉と用語解説

『マイスター(Expertise)』機能に込めた私たちの願いは、気に入ったアイテムを使う時であれ、新しいことに挑戦したくなった時であれ、ベテランと新規プレイヤーの両方により良い見返りが得られるチャンスをもたらすことです。

この機能を実際にお披露目できることを楽しみにしています。

公開テストサーバー(PTS)実施期間中に皆さんからいただいたフィードバックを基にバランスの最終調整を行っていきますので、ぜひご意見をお寄せください!

用語解説:

『マイスター(Expertise)』

・新機能の名称。装備、武器、スキルヴァリアントのアップグレードを行うことができる。

『マイスターレベル(Expertise Level)』

・マイスター機能におけるエージェントのレベル。

『マスターランク(Proficiency Ranks)』

・特定のタイプのアイテムの熟練度を示すもの。最大値は10ランク。

マスター/(Proficient)』

・特定のアイテムタイプの熟練度が最大ランクに到達した状態。そのタイプのアイテムのアップグレードが可能になる。

グレード(Grade)』

・個々のアイテムのアップグレード。*「レディーデス、グレード2」*のように表示される。

今回のINTELLIGENCE ANNEXは以上です!

次回は現在シーズンのために行っている改良点について、さらなる情報をお知らせします。
こちらは次のシーズンから実装されます!

フォーラムTwitterDiscordで常に最新情報をお届けしています。まだチェックされていない方はぜひ、参加または公式アカウントをフォローしてください!

いつもプレイしていただき、ありがとうございます! 『ディビジョン2』チーム

※追記:アイテムのアップグレードについて

「Expertise Level/専門性」と「Proficiency Ranks/熟練度」、それからアイテムのアップグレードについて、質問に答えるという形で、Trick Dempsey氏が回答している。

この質問に答えられるかどうかわかりませんが、これはキャラクターごとでしょうか、それともアカウントごとでしょうか?

それから、これはゲームのハードコアモードの質問となるのですが、SHDは通常のキャラクターとは別物で、ベンチは共有されています。スぺシャリゼーションはキャラクターごとの管理となります。

何回レベルアップさせればいいのかを知りたくて。

Trick Dempsey氏:

・「Expertise」や「Proficiency」はアカウント全体のものですが、アイテムのアップグレードについては、アイテムごととなります。

以上ここまで。

これは装備等のキーナー時計って感じだな。

アイテムの数値をインフレさせて、沼を深くし、ゲームのリプレイ性を高めるという事かな。

確かにサミットに延々引きこもれそうな感じもするな。

やりがいと捉えるか、虚無と捉えるか。

個人的には、ボケッーとソロでCP制圧などが好きだから、強化する目的が増えるというのは嬉しい。

ただ、この後の強化した装備の使い道が新規コンテンツ(レジェンダリーの追加など)で追加されれば言う事はなしか。

いよいよゲーム内容も煮詰まって、最終段階になってきたので、本当に今からセールで入手できるエージェントは最高だと思う。UBIのセールは結構値引きされるし。

どこかの野良ンダリーで会えるといいな、エージェントっ。

ではまた。

ランディング
Tom Clancy's The Division 2【ディビジョン2】記事まとめ・一覧

WoNY(ウォーロードオブニューヨーク) ▼ アップデート情報 ・SoTG/TU(タイトルアップデート) ▼ スペシャリゼーション 入手方法 ・ファイアウォール ・テクニシャン ・ガンナー スキルツリ ...

続きを見る

-The Division 2
-, ,

Copyright© 悲しみのゲムール , 2022 All Rights Reserved.