悲しみのゲムール

Sadness and Happiness

The Division 2

【ディビジョン2】TU8.4(タイトルアップデート8.4)内容まとめ

2020年3月25日

ep31

ランディング
Tom Clancy's The Division 2【ディビジョン2】記事まとめ・一覧

WoNY(ウォーロードオブニューヨーク) ▼ アップデート情報 ・SoTG/TU ▼ スペシャリゼーション 入手方法 ・ファイアウォール ・テクニシャン ・ガンナー スキルツリー ・ファイアウォール ...

続きを見る

3月25日(水)日本時間17時30分より、約3時間程度メンテナンスの予定。
その際にTU(タイトルアップデート)8.4が行われる。
マイナーアップデートではあるが、難易度の調整等も行われるようなので、紹介。
詳細については公式へ。

TU(タイトルアップデート)8.4:パッチノート

開発より:
ここで挙げた変更点以外にも、現在サーバーサイドにて、複数の変更を評価中。
実装する際には、上述の公式にて、随時内容を反映していく。

 

ゲームプレイの変更について:

・シーズンマンハントの難易度ノーマルとそれ以上の難易度でグループになっても、どちらも進捗が進行するようにする。
この変更によって、全てのプレイヤーのシーズンマンハント進捗状況がグループリーダーの設定した難易度に関わらず、進行するようになる。

・シーズンマンハントにリセットボタン機能を追加。この変更により、グローバル難易度変更に関係無く、進捗状況をリセットする事が可能になる。

・又、この変更により、グローバル難易度を変更しても、シーズンマンハント進捗状況はリセットされない。
プレイヤーは任意でシーズンマンハントの進捗状況をリセットする事が可能になる。

・高難易度において、ネームドNPCのコヨーテからコヨーテマスクのドロップする確率を上昇させる。

・シーズンランクが35に到達したにも関わらず、報酬アイテムのコヨーテマスクが受け取れなかったプレイヤーについては、コヨーテマスクを配布する事を検討中。

・オープンワールドのアクティビティである公開処刑、コミュニティ閉鎖、プロパガンダ放送の報酬アイテムの質をその他のアクティビティの報酬の質と同等になるよう引き上げる。

・最大レベルでのコンフリクトマッチの達成報酬キャッシュの質を最上級のものにする。

 

バランス調整について:

開発より:
ディビジョン2では、難易度とプレイヤーの数に合わせて、同じ敵編成をプレイすることで、その難易度の予想される装備と追加プレイヤーがマッチングするように調整されていた。
しかし、より高い難易度やプレイヤー数に対応するために、敵NPC(エリート、ベテラン)の数も追加して調整を行っていた。この事が原因で想定よりも高い敵NPCの体力量と与ダメージ量になってしまった。
なので、これらの値を減少する事にした。

・全ての難易度において、敵NPCの与ダメージ量を減少させる。

・この変更は全ての敵NPC(アクティビティで出現する者も含め)に及び、この事により、現状と比較してプレイヤーの被ダメージ量は下がる事になる。

・グループ人数によって、調整される敵NPCの体力とアーマー値を減少させる。

・敵の体力とアーマー値の調整については、グループ人数(2、3、4人時)によって、ベテランシーごとに異なる。

・その結果、赤、紫(ベテラン)、黄色(エリート)とネームドNPCの持つ体力とアーマ値は現状と比較して減少する事となる。

・加えて、アクティビティ難易度に基づいた敵NPCの体力とアーマー値の調整も行う。

・この変更により、難易度ハードとチャレンジの敵NPCの体力とアーマ値は今よりも低くなる。
難易度ヒロイックとレジェンダリーについては、グループ人数での調整で減少した分を補う為に、敵NPCの体力とアーマ値は上昇する。

開発より:我々としては、難易度ヒロイックとレジェンダリーについては、挑戦し甲斐のある難易度のままにしておきたい。なので、ベースの難易度を引き上げる代わりに、グループでの共闘時の敵NPCの体力を減少させる。
その結果、難易度ヒロイックとレジェンダリーに関しては、ソロプレイ時は今よりも少し難しくなり、2から3人でのグループプレイ時は今と同じくらいの難易度、4人時での難易度は今よりも易しくなるだろう。

 

敵勢力(ブラックタスク)の調整について:

・ブラックタスクの調整については、先週に実施済み。
・ウォーハウンドの体力を減少させた。
・ウォーハウンドスナイパーの与ダメージ量を減少させた。
・ウォーハウンドミニガンの360度スピン攻撃の与ダメージ量を減少させた。
・ウォーハウンドミニガンの360度スピン攻撃の告知アイコンの時間を長くし、プレイヤーがより対応しやすいように変更した。
・ウォーハウンドグレネーダーのコントロールユニットの弱点ポイントの体力を減少させた。

サポートステーションの調整について:

・サポートステーションの基礎体力を減少させた。
・ベテランシーごとの展開するサポートステーションの体力を調整した。
・サポートステーションがより開けた場所に展開するようにした。(カバーの外など)
・EMP(電波妨害)効果がサポートステーションにダメージを与えるように変更した。

レベル30、World Tier1から5までの調整について:

・敵NPCの与ダメージ、体力、アーマ値を減少させる。
開発より:WoNY以前のレベル30までのコンテンツについては、武器ダメージやスキルダメージ、アーマ値等が以降、以前で分けられている為、現在独自で調整を行っている。

対人戦のバランス調整について:

・PvPでの全ての武器ダメージを-20%
・PvPでのライフルは更に-10%
・PVPでのマークスマンライフルは更に-10%

スキルの調整について:

クラスターシーカーマイン
・ブルチャージの距離を12mから10mに縮小
・最終地点とその爆発距離を6mから4mに縮小

開発より:この調整によって、クラスターシーカーマインは現状より少し反応が良くなるだろう。

 

修正済みのバグ:

・Stadiaでポルトガル語での音声対応が無くなる問題を修正
・言語と設定メニューで開発者UIが表示されてしまう問題を修正
・PS4でのデータストリーミングの問題を改善
・プレイヤーがリスポーンした後、ゲーム内での設定がリセットされてしまう問題を修正
・ディレクティブを変更した際に、シーズンマンハントの進捗状況がリセットされてしまう問題を修正
・アパレルイベント『アーバンジャングル』のゲーム内でのスケジュール表示が正しく表示されていない問題を修正
・ターゲットインテルがメールボックスに残り続ける問題を修正。(ターゲットインテルは使われないので、ゲームから廃止)
・特定の状況下で粘着爆弾がダメージを与えない問題を修正。
・ショックトラップがそれぞれとても近い場所で展開されてしまう問題を修正。
・グローバル難易度がレイド『オペレーションダークアワーズ』に影響する問題を修正。
・アルティメットエディションやYear1パス保持者が、スぺシャリゼーションをアンロックできない問題を修正。
・シーズンレベルが複数回上昇した際に、本来の達成報酬がスキップされ、同じものが複製されてしまう問題を修正。
・デイリープロジェクトのアウトキャストハントで、難易度ハード以上でルーズベルト島のミッションをクリアしても達成されない問題を修正。
・シーズンレベル35到達時に達成報酬が得られない問題を修正。
・意図していないシールドHPの数値を修正。
・シーズンランクがリセットされてしまう問題を修正。
・リーグのタイムアタックミッション中、ローグと遭遇し、全滅した際にタイマーがリセットされてしまう問題を修正。

 

 

ランディング
Tom Clancy's The Division 2【ディビジョン2】記事まとめ・一覧

WoNY(ウォーロードオブニューヨーク) ▼ アップデート情報 ・SoTG/TU ▼ スペシャリゼーション 入手方法 ・ファイアウォール ・テクニシャン ・ガンナー スキルツリー ・ファイアウォール ...

続きを見る

-The Division 2
-, ,

Copyright© 悲しみのゲムール , 2020 All Rights Reserved.