悲しみのゲムール

Sadness and Happiness

music

Billie Eilish/ビリー アイリッシュ

更新日:

今日紹介するアーティストは、今勢いにのっているこの人。

ビリー3

Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ)

 

新世代のロックアイコン

待望のデビュー・アルバム “WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?”が2019年3月29日に発表された。
なんと若干17歳。

プロフィール
”2001年12月18日生まれ、ロサンゼルス出身のシンガー・ソングライター。
8歳からロサンゼルス少年少女合唱団に所属し、11歳の頃から作曲を始める。
13歳のときにレコーディングした「Ocean Eyes」をSoundCloudにアップロードしたところ、まだ13歳とは
思えない表現力の高さが話題を呼び1400万再生(2019年3月時点)を記録。
同楽曲でInterscope Recordsよりデビューした。
日本には2018年のSUMMER SONICで初来日し、パフォーマンスを披露して話題となった。
2019年3月にSpotifyが発表した“世界で最も人気のある女性アーティストTOP20”では、レディー・ガガらを抑えて
アリアナ・グランデに次ぐ2位にランクイン(集計期間:2019年1月1日~3月1日)するなど、日々注目を集め続けている。”

公式サイトより

 

この彼女、実兄はドラマ『glee』にも出演していた俳優、ミュージシャンであるFinneas O'Connell(フィネアス・オコンネル)。

(このgleeというドラマも結構面白いので、機会があれば是非)
ビリーのデビュー曲は、兄のバンドの楽曲予定であったものを使ったそう。
この兄も彼女の楽曲制作を手伝っている。

まずはアルバムタイトル曲であるこの曲。
▼Billie Eilish - bury a friend

全体的な印象としては、ダークな曲調と音数の少なさ。しかし、声の魅力も相まって、カッコいい。

 

▼Billie Eilish - bad guy

個人的にはアブリル・ラヴィーンが出て来た時のような勢いを感じる。(ヤンチャそうな感じも含めてね)
新しい世代のオルタナティブロックかとも思う。Trapやグライムとの親和性が高い所も。

これに関してはNIRVANAのドラマーであるデイブ・グロールも自身の娘とコンサートに行った時の娘やその世代の熱狂ぶりを見て、驚いていた。
(このデイブの発言に関しては、本人が記事として出ているのは少しニュアンスが違うとして、インスタグラムで長文を公開している。)気になる人はコチラ

PVもしっかりとした世界観があり、それはそれで魅力があるのだが、(ビリー本人も自身のPV等の制作や監修に携わっている様子。)ギターと二人だけのシンプルな構成もこれはこれで味わいがあって、とても良い。

▼Billie Eilish covers Michael Jackson 'Bad' for Like A Version

これはマイケル・ジャクソンのカバー。
クセが強いが、なかなかにカッコいい。貫禄すらあるように思える。
やはり声が特徴的。

 

彼女、日本のアニメーションも好きらしく(本人曰く、ジブリのアニメーションが好きらしい。)、そのせいかPVもアニメ―ション仕様のモノが出ている。クリエイターは日本の現代美術家である村上隆

▼Billie Eilish - you should see me in a crown (Official Video By Takashi Murakami)

ポップさはあっても、カラッとしたポップさでは無く、どこか鬱々としていたり、トゲがあったりする。
しかし、皆どこかにそういった感情を持っている。
そういった思い、気持ちも含めて、アートとして表現出来て、尚且つクオリティが高いのはスゴイ。
(それともお兄ちゃんがスゴイのか)
確かにこの人が同世代で活躍していたら、自分のロックアイコンになってたかもなぁと思う。

アンニュイな魅力で言うと、Lana Del Rey(ラナ・デル・レイ)とかもカッコいいので、興味があればチェックしてみては如何か。

ではでは、また。

-music

Copyright© 悲しみのゲムール , 2019 All Rights Reserved.