悲しみのゲムール

Sadness and Happiness

The Division 2

Tom Clancy's The Division 2【ディビジョン2】サバイバルガイド16~20

2019年6月1日

 

サバイバルガイド画像NEW YORK COLLAPSE

 

サバイバルガイド16

サバイバル16

ガイドブック:
例え他に何千人もの必死な人々はそこにいたとして、会った
人を信用すべきか?

赤いペンで書かれたエイプリルのメモ:
駄目、駄目、駄目

青いペンで書かれたエイプリルのメモ:
[「会った人を信用すべきか?」を指して]
駄目。今日、あんなことを見た後では。ただ飢えているだけ
の人々が街中で撃たれた
そんなこと…ねえ、ここはまだアメリカなの???

ガイドブック:
これらの選択肢を注意深く考えることで、リスクが軽減され

また、計画を立てることでもリスクを軽減できる。例えば、
適切に準備された緊急避難用バッグは焦りを緩和し、いざと
いう時の応急処置ができずに死亡するリスクを軽減する…
予防と同様に、軽減は計画から始まる

青いペンで書かれたエイプリルのメモ:
誰かを信じなければ。1人では無理よ

ガイドブック:
回避
世界の終末のような環境では、全てを避けることはできな
い。だが避けられることもある
例えば、汚染爆弾が爆発した場合、爆発の風上に行くことで
放射能を避けることがで
きる

長期的には、前もって予測し、真の現状に気付き、迅速に行
動することで、危険となり得る状況を避けられる
伝染病が発生した場合、社会規模での距離戦略や隔離を待た
ずに、人混みは避けること

これらの手段は確かに複雑に絡み合っている。だが、これら
を心に留めておけば…
予防、軽減、回避…自立と生存の観点から考えることを訓練
できる

赤いペンで書かれたエイプリルのメモ:
JTFでも、軍でも、州兵でもない。マーチは「ディビジョ
ン」なの?何を伝えようとしたの?

鉛筆で書かれたエイプリルのメモ:
この件をドクターに聞いてみた。他のことを話すよう警告された。聞いている人がいることを教えるみたいに、壁を見回
した

鉛筆で書かれたエイプリルのメモ:
[「聞いている人がいることを教える」を指して]
WMはディビジョンなの???

 

サバイバルガイド17

サバイバル17

黒いペンで書かれたエイプリルのメモ:
私には何もない。この本と、書き込み用のペン、それから昨
日ビルに会いに行くときにハンドバッグに入っていたものだ

準備は万全ではないわ…こんなことになるなんて思わなかっ
た。でも、そのためにこの本が書かれたのよね?色々理解しなくちゃ…今すぐに

青いペンで書かれたエイプリルのメモ:
今は考え方が変わった。やり方が分かってきたのかしら?崩
壊しつつある世界での生き方が。習得できる技術なのかもし
れないわね
ドリューとミコのおかげで今晩寝る場所は確保してるけど、
もし何かか起きても…対処できると思う

ガイドブック:
72時間の原則

準備の基本原理は72時間の原則である。これは名前のとおり
のルールである
3日間の生存に必要なものを準備しておくべきだ。これは「3の原則」として知られる生存に関する古い格言の福産物であ

極限状態で生存できるのは次の通り:

・空気なしで3分間
・避難場所なしで3時間
・水なしで3日間
・食料なしで3週間

赤いペンで書かれたエイプリルのメモ:
絞め殺された人々を見た。凍え死んだ人も。飢え死にした人も。喉の渇きで死んだ人は見てないと思うけど…
でも、「死」が…死体がそこらじゅうにある。ネズミもね。
彼らにとってはご馳走は手に入るし、ウイルスの影響も受けないようだわ

ガイドブック:
原則を見てみると、3日間の生存に絶対に必要なのは水と暖かさだけである[空気を吸える場所にいることを仮定して]ことが分かる
人間の体は食料なしで3日間生存することは十分可能だが、
水なしの3日間は命に関わる恐れがある。脱水状態が続け
ば、電解液が失われ、血漿レベルが変わり、筋けいれや腎
臓および腸機能の問題を引き起こす…
健康な大人なら水なしで3日間生き延びられるだろうが、起
こり得る症状はたくさんあり、その全てを避けるべきである

 

サバイバルガイド18

サバイバル18

ガイドブック:
72時間の原則からの帰結として:水、または水への便を確保す
ること。1日あたり1ガロンが理想の供給量だが、短期間なら
それよりかなり少ない量で凌ぐことができる

青いペンで書かれたエイプリルのメモ:
今のところこの問題はなし

ガイドブック:
水ほどではないものの、食料も重要である。3日間食べなく
ても生きられるが、しまいには衰弱し、震えや集中力の欠如
に襲われる…
これは緊急時において理想的な状態ではない。よって3日分
の栄養を常に確保しておくように。栄養補給用食品など簡単
なものでもよいし…

青いペンで書かれたエイプリルのメモ:
28-9
19-B
39-M
Ho-Ch

ガイドブック:
唯一心配する必要がないと思われること

黒いペンで書かれたエイプリルのメモ:
[「唯一心配する必要がないと思われること」を指して]
ああ、良かった

鉛筆で書かれたエイプリルのメモ:
…クリーナーズが給水塔の警備を始めるまでは

ガイドブック:
他の全てが崩壊する中で、嬉しいことに水を見つけることに
は困らないだろう
「脆弱なシステム」項目で述べているように、水は街の大部
分に重力によって供給され、貯水池から蛇口まで旅する中
で、何度か薬剤処理は施される
送電網が崩壊した後でも、浄化はされないものの、この水の
供給は続く[74ページの「水の浄化」を参照すること]
災害発生中は、需要量以上の水が供給されるかもしれない。
しかし、いずれ制御弁が故障すれば、住民設備では対応でき
ないほどの高圧水により建物が浸水する恐れがある
緊急避難用バッグには3ガロンの水を入れる必要はないと提
案する…水は1ガロンあたり5ポンドの重さもある…だが、水
を確保できる場所を知っておく必要はある

赤いペンで書かれたエイプリルのメモ:
初めてこれを読んだ時、メロドラマみたいだと思ったわ。2
回目に読んだのは、人生で初めて食事ができなかった日だ
った
今日は、実際に飢えている人たちがいることを聞いた直後に
読んでいる。マーチ、あなたは何を知ってたの?

 

サバイバルガイド19

サバイバル19

黒いペンで書かれたエイプリルのメモ:
何も走ってない高速道路。空虚な橋。慣れるのが難しい。
ニューヨーク出身か長く住んでいる人なら、クラクションの
音がしないことや、道を歩いていて足元に地下鉄の揺れを感
じないことを不思議に感じるはずだわ

鉛筆で書かれたエイプリルのメモ:
クリーナーズが全てを燃やして、人々を一掃してる。またダ
ウンタウンへ向かった
チャイナタウンはまだ…「安全」と書こうとしたけど、もう
その言葉の意味が分からない

ガイドブック:
登山者が携帯するような昔ながらのただのレーズンやピー
ナッツ、またはエネルギー/プロテインバーなど豪華なもの
でもよい。自分に必要な食事を考えること
危機的状況では、食料は[非体系ではあるが]即座に略奪さ
れる。日持ちするものをストックすることで、エネルギー源
になるかなりの栄養を確保できるはずだ
詳細は91ページの「家での準備」、57ページの「ものの在り
処を知ること」を参照すること

水と食料の問題に対処したところで、3番目の基本的な要件
は避難場所である。[従来は、避難場所が水や…

呪うべき渋滞
毎日200万台近くの車がマンハッタンとブロンクス、ブルッ
クリン、ニュージャージー州を行き来している
マンハッタンへの全主要道路は設計以上の働きをしている、
つまり、例えばベルト・パークウェイの渋滞が、ブルックリ
ン・クイーンズ・エクスプレスウェイのミッドタウン・トン
ネルまで連鎖反応を起こすのに、時間はかからないというこ
とだ
ニューヨークシティの道路の混雑は、個人の苛立つ以上の影
響をもたらしいる
前述のコーヒーの例の続きだが、贅沢品について考えてみよ
う。メイン州の飛行機から降ろしたばかりの生きたロブス
ターを積んだシーフード・トラックが、JFK空港を出発した
とする
そのトラックが渋滞につかまれば、シーフード市場の時間に
間に合わず、地元レストランはメインのロブスター料理が出
せず、ロブスターは死んで捨てられるしかなくなる…誰も得
をしない
だが既に述べたとおり、これは贅沢品の話だ。誰もロブス
ターを必要とはしていない。今度は同じ状況を米、牛乳、小
麦粉を運ぶトラックで想像してみよう…そしてただの渋滞で
はなく、マンハッタンへの全道路が遮断されたとして
スーパーの棚は空になり、レストランは閉店する。どこで食
料を手に入れる?9.11の時、1日中橋やトンネルが封鎖されただけで、マンハッタンの一部では一時的な食料不足が発生し

隔離が続けば、すぐに街の食料物資を維持できなくなる

 

サバイバルガイド20

サバイバル20

ガイドブック:
生存のためには食料より重要とされるが、都会の状況につい
て論じているため、ほとんどの人が容易に避難場所を見つけ
られると推測する
マンハッタンには何千ものホテルの空き部屋や、何マイルに
もおよぶ地下鉄の駅がある
屋内に逃げる必要があれば、おそらく速やかに避難できるだ
ろう

しかし、火災や暴力の脅威、または建物の崩壊等で発生し得
る、その他何百もの複雑な要因のせいで、行く場所がない場
合はどうする?
どこへ行く?どうやって自然に対処する?最悪の事態を想
定せよ。外は冷たく、湿っていると考えよ。真冬の事態を想
定せよ。外は冷たく、湿っていると考えよ。真冬に72時間生
き残るにはどうすればよいか

常に手に届く範囲に冬物の衣服と防水の上着を用意しておく
こと。ブーツ、手袋、帽子、スカーフは必需品である
緊急時には、生きるための基本である飢え・乾き・暖かさに
即座に注意が向く
。このような欲求に対しては前もって計画
し備えておくこと

最近では、政府が推奨する準備対象を72時間から96時間に変
更するという噂があり、これはどこかの官僚が落ち着きを
失っているという証拠だ
時間数の問題ではない。重要なのは準備をしておき、緊急時
の初期段階にすべきことを知ることである
そして本書では72時間…または96時間、ひょっとすると9600
時間…では決して平常に戻ることのない無期限の災害を想定
しているため、準備の際に必要最低限なものに考えを向ける
ための手段としてのみ、72時間の原則を提示する

さて、その知識をいかに行動に移すべきか?そこで緊急避難
用バッグの話になる

黒いペンで書かれたエイプリルのメモ:
エヴァの家にいられなくなったらどうしよう?携帯電話は通
じない、友達はどこにいるかも分からない、それに元々ブルックリンに住んでいた人たちばかりだし
ホテルの部屋に忍び込めるかもしれないけど、誰かに見られ
るのが怖い。人々が目的もなくあたりをうろつき、ものを
拾っている。そこらじゅうで強盗やスリが発生している。な
るべく注意を引かないようにしている
今日は午前中ずっと薬とビタミン剤か抗生剤入りの食料を探
してた。何もなかったし、残っているものは高過ぎて…お金
を捨てる時が来たの?
でも、それは諦めのように思えるわ。だって、アメリカドル
を信じられなくなったら、何を信じられるというの?

青いペンで書かれたエイプリルのメモ:
始めはブーツなんか本気にしなかったけど、10日間歩いた
後、店に入り込んで質の良いハイキングブーツを取って来た

またあなたが正しかったわね、マーチ。あまりに正しいか
ら、実は、眠れない夜にはあなたが全ての黒幕なのではない
かと思うこともあるの
それが本当なら、たいした冗談ね

 

-The Division 2
-, ,

Copyright© 悲しみのゲムール , 2020 All Rights Reserved.