悲しみのゲムール

Sadness and Happiness

The Division 2

【ディビジョン2】SoTG/State of The Game(5月27日)内容まとめ

sotg52715月27日『State of The Game』

ランディング
Tom Clancy's The Division 2【ディビジョン2】記事まとめ・一覧

WoNY(ウォーロードオブニューヨーク) ▼ アップデート情報 ・SoTG/TU(タイトルアップデート) ▼ スペシャリゼーション 入手方法 ・ファイアウォール ・テクニシャン ・ガンナー スキルツリ ...

続きを見る

ディビジョン2の次期大型アップデートを目前に控え、TU(タイトルアップデート)10PTS(パブリックテストサーバー)フィードバックの第二フェーズが始まろうとしている。

予定されていたSoTGが放送され、これまでのTU(タイトルアップデート)10に対するプレイヤーの反応や、次のテストラウンドに向けての動きが話されていたので紹介。

詳細は公式を参照されたし。(公式へのリンク

※TU(タイトルアップデート)9.1パッチノート詳細記事についてはこちら

ep31
【ディビジョン2】TU9.1(パッチノート詳細)内容まとめ/WoNY(ウォーロードオブニューヨーク)

TU9.1で行われたアップデート詳細について (バグ修正などの仕様変更も含む) TU(タイトルアップデート)9.1パッチノート詳細 TU(タイトルアップデート)9.1が実装され、パッチノートの詳細が公 ...

続きを見る

概要:

・PTSの第1フェーズは終了、第2フェーズは今週金曜日の午前4時から(日本時間午後8時)
グローバルイベント「ガーディアンズ」が現在開催中。指定されたガーディアンを倒すまで、ほとんどダメージを受けない敵で構成された集団を倒すことで報酬を獲得することができる。
・PTSのフェーズ1で発見された未発表のコンテンツについての説明

既知の障害とお知らせについて:

・定期メンテナンスを火曜日に実施。
・グループ内のプレイヤーが、グローバルイベントチャレンジの進捗を味方から得ることができない問題を修正。
・DARPA研究所メインミッション"Break Through the Black Tusk Forces" 中の扉が開かなくなる不具合を修正。
・スキルのクールダウンを瞬時にリセットすることができる問題を修正。
この変更により、チャージ系スキルのクールダウン中にスキルやロードアウトを交換することが不可に。

デルタエラーについて:

・レイド中にデルタエラーが発生したという報告も寄せられており、現在更に調査を進めている。
・レイド以外のプレイヤーからもデルタエラーに悩まされているという報告が寄せられており、開発としては修正すべき最優先事項と考えている。
・その為、プレイヤーにはできれば可能な限り多くの情報を提供してくれるようお願いしたい。
これには、正確なエラーコード、エラーが発生した時間、どこからプレイしているか、ISP、ディビジョン2のアカウント名、グループでプレイしているかソロでプレイしているか、マッチメイキングを使用しているか、友人とプレイしているか、その他関連する可能性のある情報が含まれる。

TU10のPTS(パブリックテストサーバー)について:

・第1フェーズの終了が間近に迫っており、引き続きPTS第2フェーズを展開させる予定。
・その為、PTSは一度木曜日の午後1時CET/午前7時ET/午前4時PT(日本時間午後8時)にシャットダウンする閉予定。
・PTS第2フェーズは、金曜日の午後1時CET/午前7時ET/午前4時PT(日本時間午後8時)に配信される予定。
・PTSのシャットダウンと再開時間については変更になる可能性があるので、更新された情報はソーシャルメディアで発信していく。プレイヤーはTwitterの@TheDivisionGameから最新情報を得てほしい。
・プレイヤーはPTSクライアントを再ダウンロードする必要はないが、パッチは必要になる。

PTS第1フェーズの様々な反応について:

新ギアセット「ファウンドリィ・ブルワーク」について:

・PvPでのこのギアセット効果が強すぎるという意見
・セット効果は10秒間、身につけている人とそのシールドに与えたダメージの40%を修復する。
チェストピースとバックパックを身に着けていると、6秒間で60%になる。
・しかし、PVPではプレイヤー同士が与えるダメージが軽減される。「ブルワーク」セットはそのダメージ軽減を考慮しておらず、100%のダメージを修復していた為、エージェントをキルできない状態にしてしまう可能性があった。
・開発としてはPvEでも調整を予定しているが、このセットは非常にタンキー(タンク的、強固)なセット装備として想定している。

「ライフル」について:

・現環境のライフルは弱すぎると懸念しているプレイヤーからの報告があった。
・開発としては調整後の「ライフル」が調整ミスの状態にあるとは考えておらず、PTS第2フェーズでは「ライフル」についてより具体的なフィードバックをプレイヤーにしてほしいと考えている。

新ブランドセット「ウォーカー&ハリス社」について:

・このセット装備はそんなに強いとは思わなかったと報告するプレイヤーもいた。
・開発としてはこの反応が適正の調整にあると感じており、潜在的に最強のセットの一つになると思っている。
・プレイヤーからの報告によると、このセットはネームドアイテムとの組み合わせが噛み合っていないとなっており、開発としてはPTS第2フェーズでより詳細なフィードバックを求めている。

ゲームの難易度について:

・PTSでは、一部のプレイヤーから「ゲームが簡単に感じすぎる」との声が寄せられている。
TU10ではプレイヤーパワーが大幅に上方修正されている為、一部のコンテンツが楽に感じることは想定されていた。
難易度「ヒロイック」については、完全に準備の整っていないプレイヤーにとって、いまだ挑戦すべきものである。
難易度「レジェンダリー」については常に挑み甲斐のあるものであるべき。
・PTS第2フェーズでは、このトピック(ゲーム難易度)についてより多くのフィードバックを寄せてほしい。

PvPでのTTK(time-to-kill)について:

・一部のプレイヤーは、TTKが下がって、キルが以前よりも速くなったと言っている。
・開発は社内でテストを行っているが、その結果を確認することができていない。
・その為、プレイヤーがどのような状況でTTKが以前よりも低くなったと感じているのか、より具体的なフィードバックを見ていきたいと考えている。
・PTS第2フェーズで行われる調整はこれに影響を与える。例えばマークスマン・ライフル(12.5%のダメージブーストのバランス調整や、マンティスと呼ばれる新しいエキゾチックのマークスマン・ライフルと「ヘッドハンター」と呼ばれる新しいタレントは、組み合わせると非常に強力になる)、ブルワークセットのバグ修正など。

戦利品とその質について:

・シニアゲームデザイナーよりPTS第2フェーズでの変更について、いくつか情報がある。

・最小ロールと最大ロール間のアイテムパワーの幅を更新(結果として最小ロールの数がほとんど減少した)。
・すべてのキャッシュの最低アイテムパワーの再下限を引き上げた。
・ミッション中のすべてのコンテナは、通常の戦利品と目標とする戦利品の難易度に応じてスケールするようになった(難易度「チャレンジ」以上でのレア度「紫色」は出現しないように)。
・クラフトアイテムの最小値と最大値を増加させ、より重要性が増すようにした。

PTS第2フェーズでプレイヤーに注視、注力してほしいポイントについて:

・PTS第2フェーズが今週金曜日から開始される。
・パッチノートの詳細についてはPTSの開催中に公開予定。
・新しいギアとエキゾチックアイテムのバランス
・武器ダメージについて
・全体的なバランス調整について
・戦利品の質について

シーズン1『シャドウタイド』について:

シーズン77

・先週、伝えたように、シーズン1の終了が6月15日まで延長。
・公式フォーラムにて詳細情報を記載している。

GE(グローバルイベント)「ガーディアンズ」について:

・敵NPC集団が出現するたびに、その集団のメンバーの1人がガーディアンとなる。
ガーディアンを排除するまで、他の敵NPCはダメージを受けない。
・イベント開催期間中、プレイヤーはチャレンジをクリアすることで、アームパッチ、クラフトキャッシュ、シーズンキャッシュ、ランク9のエキゾチックキャッシュ、ランク10のバックパックトロフィーなどの報酬を得る事ができる。
・開催期間は6月2日までの1週間。

シーズンパスの明確化について:

・DLC「WoNY/ウォーロードオブニューヨーク」所持者であるならば、全てのシーズンイベントをプレイする事ができる。
・加えて販売されるプレミアムパスでは、追加のシーズン特典をアンロックできる。
・シーズン1では、この追加特典をWoNY所持者へ無料で開放した。
・今後のシーズンでは、追加特典はプレミアムアイテムという扱いになる。
・シーズン報酬のギアアイテムは全てゲーム内で獲得可能。
プレミアムトラックでは、より多くのキャッシュと装飾品を提供する。
・シーズン2の詳細については、次週のSoTGにて詳しく掘り下げる予定。

未公開のコンテンツ情報について:

・データマイニングされたコンテンツ内容に関するオンラインでの議論を受けて、開発としては2つのトピックについて簡単に説明したい。

・ストーリーに関するコンテンツについて

・開発としては、今回のPTS時に次のライブフェーズではないデータが広まる事は予期していたが、今回は開発が想定していた以上の情報が含まれていた。
・なので我々開発としては、物語のネタバレを避けたいプレイヤーには、データマイニングされたコンテンツに関する議論や憶測に近づかないことを強く推奨したい。
・また、物語はまだ発展途上であり、データの内容は変更される可能性もあるので、プレイヤーたちはデータマイニングされた情報についても話半分として捉えてほしい。

・今後の展望について

・現在開発はプレイヤーからのリプレイ可能なコンテンツをもっと増やしてほしいという要望に応えるべく、新しいPVEモードに取り組んでいる段階。
・「アンダーグラウンド2.0」という意味(既存のコンテンツの焼き直し)ではなく、これまでとは違った外観と雰囲気で、新しい体験を提供したいと考えている。

以上ここまで。

いよいよPTSも第2フェーズ。色々とワクワクするようなアイテムもあるようだ。(個人的には「マンティス」を触ってみたい。)その反面、ネタバレ情報などにも色々と苦労させられているよう。(ラスアス2でもあったな)

知りたくないエージェントたちは気を付けて。
情報を収集していると不意打ちを食らう事があるぞ。
では、また。

 

 

ランディング
Tom Clancy's The Division 2【ディビジョン2】記事まとめ・一覧

WoNY(ウォーロードオブニューヨーク) ▼ アップデート情報 ・SoTG/TU(タイトルアップデート) ▼ スペシャリゼーション 入手方法 ・ファイアウォール ・テクニシャン ・ガンナー スキルツリ ...

続きを見る

-The Division 2
-, ,

Copyright© 悲しみのゲムール , 2020 All Rights Reserved.