The Division 2

【ディビジョン2】TU11(フルパッチノート詳細)内容まとめ

2020年9月22日

ep31TU11で行われるアップデート詳細について

ランディング
Tom Clancy's The Division 2【ディビジョン2】記事まとめ・一覧

WoNY(ウォーロードオブニューヨーク) ▼ アップデート情報 ・SoTG/TU(タイトルアップデート) ▼ スペシャリゼーション 入手方法 ・ファイアウォール ・テクニシャン ・ガンナー スキルツリ ...

続きを見る

※TU(タイトルアップデート)11.1パッチノート詳細記事についてはこちら

ep333
【ディビジョン2】TU11.1(フルパッチノート詳細)内容まとめ

TU11.1で行われるアップデート詳細について TU(タイトルアップデート)11.1パッチノート詳細 10月20日09:30 CEST(日本時間午後16時30分)より、3時間の予定でメンテナンスが行わ ...

続きを見る

目次

TU(タイトルアップデート)11パッチノート詳細

9月22日09:30 CEST(日本時間午後16時30分)より、3時間の予定でメンテナンスが行われ、TU11が配信される。
パッチノートの詳細が公式のフォーラムで公開されたので、紹介。
一部以前の記事も加筆修正して加えている。

リーダー11新シーズン『Concealed Agenda/隠されたアジェンダ』

新しいシーズンの幕開け

9月22日から始まる『Concealed Agenda/隠されたアジェンダ』では、12週間のゲーム内アクティビティとユニークな報酬が用意されている。

シーズン3『Concealed Agenda/隠されたアジェンダ』では、新たなマンハント、リーグイベント、グローバルイベント、ユニークな報酬、アパレルイベントが追加される。

・9月22日から12週間にわたって、5人のローグエージェントに挑戦するという新しいマンハントが発生する。
5人全てのローグエージェントを倒すと、新しいスキル『Shrapnel Trap/シュラプネルトラップ』がアンロックされる。シュラプネル11・これは防御としても、エリアトラップとしても両方使える。
・プレイヤーはこれを投げると、シュラプネルマインのミニフィールドが作られる。
・即時展開する際は、指定された方向に地雷のように使用する事もできる。

・今回の最優先討伐対象は、ブラックタスクのリーダーである『Bardon Schaeffer/バードン・シェーファー』となる。

シーズン3『Concealed Agenda/隠されたアジェンダ』では、以下のイベントなどが予定されている。

新グローバルイベント:『SHD Exposed』
新アパレルイベント:『Last Resort/ラストリゾート』
新リーグイベント:『Shade/シェイド』, 『Wraith/レイス』, 『Dusk & Belfry/ダスク&ベルフライ』

新たな達成報酬
新エキゾチックアイテム2種
新ギアセット1つ

2つの新ネームドウェポン
2つの新ネームドギア
新たなブランドセット1点

・上記のアクティビティに参加することで、プレイヤーのシーズンレベルに貢献するシーズン経験値を獲得する事ができる。

・コンフリクトでは、コンフリクトレベルが30以上になる事でシーズン経験値を獲得する事ができる。
・ダークゾーンでのプレイは、DZレベルが30以上になる事でシーズン経験値を獲得する事ができる。

新たなPvEモード『The Summit/ザ・サミット』について:

サミット11TU(タイトルアップデート)11では、新しいPvEゲームモードである『The Summit/ザ・サミット』が導入され、WoNY(ウォーロードオブニューヨーク)を所持しているプレイヤーたちへ無料で開放される。

『The Summit/ザ・サミット』では、敵勢力に占領された高層ビルにエージェントたちは挑む事となり、最上階へと昇り進むにつれて、難易度も次第に上がっていき、それに伴ってより冷酷非道な敵が行く手を阻むようになる。

『The Summit/ザ・サミット』はプレイヤーたちが何度も繰り返しプレイできるように設計されており、熟練のエージェントから新たなエージェントまで、誰もが挑戦できるようになっている。

プレイヤーが戦闘を行う事になるそれぞれのフロアは、あらかじめ用意されたものからランダムに選択され、敵集団の出現もランダムに生成される。なので、プレイヤーたちはその都度、戦闘方法や対処方法を考えて、階を昇り進めて行く事になるだろう。

ビル階層の進行は、要所にある特定のラリーポイントによって、保存され、プレイヤーたちはその場を離れても、進行を失う事なく、元の場所に戻る事ができる。チェックポイント11頂上である100階層到達までにかかる時間と全ての難易度をアンロックできるようになるまでの時間は、プレイヤーたちのプレイスキルや装備、そして挑むチーム構成によって大きく異なる。

『The Summit/ザ・サミット』の特徴
・リプレイ性の高いPvEゲームモード
・頂上である100階層を目指す戦い
・チェックポイントシステム
・サミット限定の報酬

PTSからのフィードバックを参考にし、TU(タイトルアップデート)11のリリースに向けて、改善を実施したが、次に実施予定のTU11.1とそれ以降の中間期に向けて、我々はこの新たなPvEモードである『The Summit/ザ・サミット』を、我々の思い描くビジョンにより近づける為、それに向けての作業を既に開始している。
以下が今回実施した改善

・サミットの進行に合わせて、『目標』の種類を増やし、多様性を持たせた。

・人質復活のタイマーを長くし、『目標』が失敗する前に人質に到達できるように。

・EMP目標のハックゾーンの半径を拡大。

・建物内に点在する戦利品キャッシュの量を増加。

・難易度『レジェンダリー』の階層である91~100階の『指令』の数を減少ランダムの『指令』の数が3つに(以前は4つ)。

・PTSからのフィードバックを得て、より厳しい難易度を好むプレイヤーたちへ向けて、最初の50階まで昇る必要のないようにした。

・サミットでは最初からラリーポイントが51までアンロックされている(ここが難易度『ヒロイック』階層のスタート地点となる)。

・PTSフェーズ2で追加された新しい目標に加え、TU11ではさらにいくつかの目標が追加。

・PTSのデータ/フィードバックに基づいて、特定の目標タイプの頻度を調整

目標『ドローンの待ち伏せ』の調整

・ローグエージェントとの遭遇が、サミットの難易度『レジェンダリー』の階層で発生するように(DCの拠点攻略時ではまだ無効になっている)。

・難易度『レジェンダリー』の階層ではエキゾチックなファイヤーチーム(敵構成)を追加(その為、プレイヤーたちは時折、特定の敵タイプの珍しい、挑戦的な組み合わせに遭遇する事もある。(ウォーハウンド全種など)

難易度『レジェンダリー』の階層では、目標『Crew Ambush/クルーの待ち伏せ』が発生しないように。

新たな機能『APPEARANCE MODS(アペアランスモッド)』について:

TU(タイトルアップデート)11では、『APPEARANCE MODS/アペアランスモッド(別名トランスモグ)』が利用可能になり、プレイヤーのエージェントたちの見た目を大幅にカスタマイズできるようになる。

TU(タイトルアップデート)11のリリースに伴い、プレイヤーが入手した全てのギアの外見が保存され、プレイヤーは好みのギア外見で装備ギアの外見を上書きする事ができるようになる。

・全てのギアは『APPEARANCE MODS/アペアランスモッド』に対応している。
・武器とエキゾチックアイテムについては除外されている。(変更不可という事)

注:TU11にログインする際、所有している全てのギアの外見を解除するには、所有しているそれぞれのキャラクターにログインする必要がある。(複数のキャラクターを作成している場合)

・これはログインした一度だけで済むので、ギアを保存しておく必要はない。

レイドコンテンツ『オペレーションアイアンホース』のディスカバリーモードを追加

レイド22

TU(タイトルアップデート)11が配信されると、レイドコンテンツ『オペレーションアイアンホース』のディスカバリーモードを全プレイヤーが利用可能に。

新エキゾチックアイテム

『Backfire/バックファイア』 SMG(サブマシンガン)

smg22

・この銃で敵を撃った際に、クリティカルヒットダメージが上昇する効果が付与される。
・効果はダメージ上昇200%まで累積される。

・この銃でリロードを行った際は、プレイヤー自身へ出血効果が付与され、出血ダメージは前述の累積した効果数によって、変動する。

・累積効果数最大時の200で、プレイヤーのアーマーが100%削られる。(累積数1つごとに、0.5%のアーマーダメージ)
・このダメージ効果については、プレイヤーの状態異常耐性は有効であり、耐性によって、ダメージ量が緩和される。
・このエキゾチックアイテムは、シーズンの達成報酬として、得る事ができる。

『Memento/メメント』 Backpack(バックパック)

メメント11 メメント22・このアイテムは3つ全てのコア特性を持っている。
・敵を倒した際、トロフィーをドロップし、それを入手する事ができる。
・プレイヤーはトロフィーを入手した際、2つのバフ効果を得る事ができる。

・1つ目のバフ効果の有効時間は10秒間。
・装備している特性の数によって、バフ効果が変動する。
・全て赤の場合:30%の武器ダメージ上昇(特性数1つにつき、5%の武器ダメージ)
・青:60%のボーナスアーマー(特性数1つにつき、10%のボーナスアーマー)
・黄:30%のスキル効率の上昇(特性数1つにつき、5%のスキル効率)

2つ目のバフ効果の有効時間は300秒間(5分)
・効果はトロフィーを入手するごとに累積され、最大累積数は30
・累積ごとに1%の武器ダメージ上昇、1%のスキル効率、0.1%のアーマー自動回復を得る。

『Ridgeway’s Pride/リッジウェイプライド』(Chest、アーマー)

リッジウェイ11 リッジウェイ22・この装備は『The Summit/ザ・サミット』の100階到達時にアンロックされるエキゾチッククエストをクリアし、クラフトする事のできるエキゾチックアイテム。

・プレイヤーの10m圏内にいる敵を撃った際に、出血効果を付与する。
自身は毎秒ごとに1から25%までのアーマー回復を得る。回復量は出血させた敵の数によって変わる。
1人:1%
2人:4%
3人:9%
4人:16%
5人:25%
新装備セットである『Hunter's Fury/ハンターズフューリー』との相性が良い。

新装備セット『Hunter's Fury/ハンターズフューリー』

フューリー11フューリータレント11 ・近い距離で交戦する事を想定したギアセット。
・このセットを装備したプレイヤーには、是非敵に肉薄して戦ってほしい。
・敵を倒した際は、アーマーと体力の回復がバフとして、プレイヤーに付与され、エリアの敵へはデバフ効果も与える事ができる。
・これらのバフ効果はプレイヤー自身に付与され、グループへは付与されない。

コア特性は武器ダメージ(赤)
セットボーナス

2部位
+15% SMGダメージ
+15% ショットガンダメージ

3部位
+20%のキル時アーマー回復
+100%のキル時体力回復

4部位
Apex Predator(エイペックス・プレデター):
自身から15m以内の敵はデバフ効果を受け、プレイヤーはデバフ効果を受けた敵に対して、+20%の武器ダメージ上昇効果を得る。
デバフを受けた敵を自身の武器で倒すと、そこから5m以内にいる他の敵は混乱し、自身は10秒間、+5%の武器ダメージ上昇効果を得る。効果は最大5回まで累積する。

Chest/アーマー(タレント)
Endless Hunger(エンドレスハンガー):
Apex Predator(エイペックス・プレデター)の累積効果の有効時間を30秒間にする(10秒間から)

Backpack/バックパック(タレント)
Overwhelming Force(オーバーウェルミング・フォース):
Apex Predator(エイペックス・プレデター)の混乱効果の有効範囲を10mにする(5mから)

新スキル『Shrapnel Trap/シュラプネルトラップ』

シュラプネル11・これは防御としても、エリアトラップとしても両方使える。
・プレイヤーはこれを投げると、シュラプネルマインのミニフィールドが作られる。
・即時展開する際は、指定された方向に地雷のように使用する事もできる。

『Shrapnel Trap/シュラプネルトラップ』は、どんな表面(敵を含む)にも取り付けられ、敵の接近に応じて爆発する小型の地雷を撒き散らす。

注:このスキルはシーズン3の最優先討伐対象を討伐後にゲーム内でアンロック可能となるが、PTSではフィードバックとテストの為に即時利用可能となっていた。

新ネームドアイテム

SIX12(ショットガン)『The Mop/モップ』

six121コンパクトな6連発のシリンダー給弾式ショットガン。近接市街地での戦闘に適している。

・通常版とネームド版の2種類がある。
・ネームド版では、敵を倒した際にアーマーが得られる。
『The Mop/モップ』:+10%のキル時アーマー回復

Kard-45(ピストル)『TDI "Kard" Custom』

kard11ベクターと同じ技術を利用した.45 ACPのセミオートマチックピストルの試作品。
更に小型化されたものである。

・通常版とネームド版の2種類がある。
TDI "Kard" Custom:この武器を持って、戦闘している際(この武器に交換して、装備している際)にスキルクラスを+1する効果がある。

Belstone Armory Chest: Everyday Carrier/ベルストーン・アーモリーアーマー/エヴリデイ・キャリアー』

ベルストーン11・新しい防御的なブランドセット
・生存力と自己回復をテーマにしたブランドセット

コア特性はアーマー(青)
セットボーナス

1部位:+1%のアーマー自動回復
2部位:+10%のキル時アーマー回復
3部位:+20%の修復量

『Perfectly Efficient/パーフェクトリィエフィシェント』 (Chest、アーマー)
・アーマーキットを使用しても、75%の確率で消費しない。スぺシャリゼーションのアーマーキットボーナスは100%に

『Belstone Armory Backpack: Liquid Engineer/ベルストーン・アーモリーバックパック/リキッド・エンジニア』

『Perfect Bloodsucker/パーフェクトブラッドサッカー』(バックパック)
・敵を倒すと+12%のボーナスアーマーを10秒間追加してリセットする。最大累積数は10

スキル効率とは?

・スキル効率とは、新たに導入される特性であり、武器ハンドリング効果と同様に、スキル効率はスキルに特化した複数の属性ボーナスを同時に上昇させる効果を持つ。

・スキル効率1%には次のものが含まれる。

・1%のスキルダメージ
・1%のスキルヘイスト
・1%のスキル効果時間
・1%のスキル修復
・1%のステータス効果
・1%のスキルHP

※開発より:現状ではこの特性は新エキゾチックアイテムの『メメント』バックパックのみに付与されている。

新たな『指令』について

『Fragile Armor/フラジャイル・アーマー』(「Hard to Earn」に代わって)

・エージェントがアーマーブレイクをした際に『ブロークン』の効果を付与する。
・効果の累積数は最大4つ。
『ブロークン』の効果を累積するごとにエージェントの最大アーマーが20%減少。
・アーマーキットを使用すると、『ブロークン』の効果数を1つ取り除く事ができる。

『Scavenged Skills/スカベンジド・スキル』(「Cool Skills」に代わって)

スキルのクールダウンが自動で進行しなくなる。
クールダウンを進行させる為に、エージェントは敵や壊れた弱点からドロップするスキルパーツを集めなければならない。
パーツを集めるごとにクールダウンが減少する。

ゲームプレイの変更について:

Global Events(GE/グローバルイベントについて)

開発より:
グローバルイベントを全体的に見直した結果、シーズン1で導入されたグローバルイベントの内容では、プレイヤーたちは我々が望んでいるようなエージェントへのパワーブーストが実感できていないと判断した。
その為、以下のグローバルイベントでは、実感してもらえるよう、プレイヤーのパワーを大幅にブーストする為に再調整を行った。

『Guardians/ガーディアンズ 』:

・対象の敵(ガーディアン)を倒す事で得られるバフ(能力上昇)効果は、対象の敵(ガーディアン)の持つ防御を貫通する能力を付与するように。

・更に、このバフ(能力上昇)効果は敵を倒す度に、効果時間が更新される為、エージェントたちは最初に全ての対象の敵(ガーディアン)を倒さなくても、敵集団全体で連鎖的にキルを行う事が可能になる。

・付け加えて、敵集団内の全ての対象の敵(ガーディアン)を倒す事で、まだ生き残っている敵がそのベテランシー(黄色や紫色など)に応じた一定時間の保護の回復を防ぐ事が可能になった。
(標準的な敵は長い時間、保護を受ける事ができないが、名前付きの敵(ネームドエネミー)はかなり早く保護を回復する事ができる)

・最後に、保護されている敵に対して近接攻撃を行うと、その敵の保護を短時間、奪う事が可能になった。

『Polarity Switch/極性』

・異なった極性の敵を撃った際のショックを削除した。
・累積するバフ(能力上昇)効果の強さの値が更新され、エージェントに大幅な能力上昇効果を付与するようにした。

『Reanimated/蘇生』

・ヘッドショットで敵を倒した際に、発生する緑のガスが、エージェントへダメージを与えないようにした。
・このガスはエージェントを回復させ、その中にいる間、エージェントの火力を大幅に上昇させるようになった。
・また、敵に対しては、引き続き大きなダメージを与えるように。

Mods(Modについて)

・バックパック、アーマー、マスクのModスロットは全て汎用仕様になり、特定(攻撃的(赤色)、防御的(青色)や機能的(黄色))のものを差す仕様ではなくなった。
・ギアのMODスロットについては再調整が不可に。

注:TU11以前にModスロットが再調整された既存のギアについては、その再調整に掛かったコストが自動的に返金され、代わりに新しい特性やタレントを再調整できるように。

・全てのクラフトした最上級品質の簡易ギアに、汎用Modスロットを追加。

開発より:
TU11以前までに行われていたブランド効果やセット効果、エキゾチックギアの組み合わせ等の特性の色を考慮してModを選ぶ必要がなくなり、どんなタイプのMod(赤/青/黄)でもModスロットに差す事が可能に。
例:ディフェンシブ(青色)やユーティリティー(黄色)ギアのModを『Airaldi/アイラルディ』のバックパックに差す事が可能になり、Modスロットを赤から青/黄色に再調整する必要がなくなった。

・防御ギアModが混乱と拘束の耐性を持つものもドロップするように。

戦利品について

Rainbow loot(信号機特性の戦利品)について

・Rainbow loot(信号機特性)の戦利品の数を減らす為に、ギアの属性を計上するようにした。
・一つ目の非コア属性のものについては、高確率でコア属性と同じ色になるように。

・一般的な戦利品ドロップテーブルに、シーズン3の全ての新しい武器とギアを追加。
シーズン3の新ブランド装備をターゲットルートのローテーションに追加。

シーズン2のコンテンツについて

・レガシーシーズンのキャッシュを更新し、シーズン2の武器、ギアセット、ネームドアイテムを含むように。
一般的な設計図の戦利品プールにシーズン2の設計図を追加。
・シーズン2のエキゾチックアイテムのレベル要件をすべてのソースから削除
・エキゾチックアイテムの『マンティス』と『ヴァイル』は、一般的なエキゾチックソース(ターゲットルートの対象に含まれる。またエキゾチックキャッシュからも得られるように)から条件なしで入手できるように。

ゲームバランスについて

ネームドアイテム

『Deathgrips/デスグリップ』
・キル時アーマー回復の値を10%に(5%から)

セット装備

『Eclipse Protocol/エクリプス・プロトコル』
・『Indirect Transmission/インダイレクト・トランスミッション』の効果範囲を10mに縮小。(15mから)
・『Proliferation/プロリフェレーション』の範囲を15mに拡大。(10mから)
・『Symptom Aggravator/シンプトン・アグラヴェイター』のダメージ増大効果を30%に引き上げ。(15%から)

タレント

『Obliterate/オブリテレイト』
・ 総武器ダメージの最大累積数を25に引き上げ。(15から)

PvP(対人要素)について

・グローバルのPvPダメージ調整量を0.3に減少。(0.35から)
・PvPでのピストルのダメージ調整量を10.1以前の値に戻す。(上方修正)
・ショットガン、ライフル、マークスマンライフルのすべてのPvPダメージ調整量を少量増加させた。(グローバルなダメージ軽減とのバランスやTU11以前のキルまでの時間を維持できるように)
・SMG全体のPvPダメージを若干下げた。
・PvPでのレディデスのブリーズフリーの武器ダメージ増幅効果を60%に減少させた。(75%から)

※開発より:
上記の変更により、中、近距離間でのTTK(タイム・トゥ・キル)は少し長くなるが、長距離間でのライフルやマークスマンライフルの殺傷力は維持されるはずである。

PvPでのクルセイダー、リフレクター、ストライカーシールドの被ダメージ量を33%増加させた
PvPでのスキル『ケミランチャー・ライオットフォーム』の拘束時間を2秒に減少させた。(3秒から)
PvPでのスぺシャリゼーション『ファイアウォール』のタレント『フィエリーレスポンス』は、アーマーブレイク時に5m圏内に状態異常『炎上』を与えないようにした。
PvPでのギアセット『Eclipse Protocol/エクリプス・プロトコル』の『Indirect Transmission/インダイレクト・トランスミッション』の効果範囲を5mに縮小(『Proliferation/プロリフェレーション』の範囲も7mに)
PvPでのタレント『ヘッドハンター』のバフ効果時間を5秒に減少(30秒から)
PvPでのタレント『ヘッドハンター』のダメージボーナス効果を20%に減少(40%から)(パーフェクトヘッドハンターは25%に)

オーディオの改善について:

TU(タイトルアップデート)11では、オーディオの為の大幅なメモリの最適化が実施され、TU10以降、発生していた音声損失の問題が解決されるはず。

 

 

 

ランディング
Tom Clancy's The Division 2【ディビジョン2】記事まとめ・一覧

WoNY(ウォーロードオブニューヨーク) ▼ アップデート情報 ・SoTG/TU(タイトルアップデート) ▼ スペシャリゼーション 入手方法 ・ファイアウォール ・テクニシャン ・ガンナー スキルツリ ...

続きを見る

-The Division 2
-, ,

Copyright© 悲しみのゲムール , 2020 All Rights Reserved.