The Division 2

【ディビジョン2】SoTG/State of The Game(7月8日)内容まとめ

2020年7月9日

sotg2227月8日『State of The Game』

ランディング
Tom Clancy's The Division 2【ディビジョン2】記事まとめ・一覧

WoNY(ウォーロードオブニューヨーク) ▼ アップデート情報 ・SoTG/TU(タイトルアップデート) ▼ スペシャリゼーション 入手方法 ・ファイアウォール ・テクニシャン ・ガンナー スキルツリ ...

続きを見る

先週のSoTGは放送され、次のアップデート(TU10.1)、新アパレルイベントの話などもされたので、紹介。詳細は公式のRedditを参照に。(公式Redditへのリンク

※TU(タイトルアップデート)11パッチノート詳細記事についてはこちら

ep333
【ディビジョン2】TU11(フルパッチノート詳細)内容まとめ

TU11で行われるアップデート詳細について ※TU(タイトルアップデート)11.1パッチノート詳細記事についてはこちら TU(タイトルアップデート)11パッチノート詳細 9月22日09:30 CEST ...

続きを見る

※TU(タイトルアップデート)11.1パッチノート詳細記事についてはこちら

ep333
【ディビジョン2】TU11.1(フルパッチノート詳細)内容まとめ

TU11.1で行われるアップデート詳細について TU(タイトルアップデート)11.1パッチノート詳細 10月20日09:30 CEST(日本時間午後16時30分)より、3時間の予定でメンテナンスが行わ ...

続きを見る

目次

概要:

・レベル30版レイド「オペレーションアイアンホース」を公開

・盾を装備した状態でNPCに話しかけると無敵になる問題を修正

・シーズンタブでプレイヤーがスタックしてしまう不具合を修正

・シーズンパスプロジェクトが正しくリセットされない問題を修正

夏休み

・Sotgは8月の第1週まで夏休みに
・ディビジョン2についての速報や詳細情報は、その間もウェブサイトや異なるソーシャルメディアプラットフォームに掲載

『ディビジョン1』GE/グローバルイベント

・『ディビジョン1』にグローバルイベントが復活し、予定されている
・GE/グローバルイベント「ストライク」は7月13日から開始

・ストライクモディファイア:敵を倒した後に爆発するように
・プリエンプティブモディファイア:ストライクモディファイアの挙動に、継続ダメージをきっかけに、エージェントにも小爆発を誘発する事を追加
・タクティカルストライクモディファイア:プリエンプティブモディファイアの挙動に、敵にストライクの爆発を使ってマークを付ける事を追加。死亡すると残りの敵にダメージを与える。効果が波及する爆発ダメージは増加する。

既知の障害とお知らせについて:

レイドバグでのRPG(ロケットランチャー)の問題について

・特定のビルドを持ったプレイヤーが、無制限にRPGを撃てるようになるバグが発覚した。
・このバグについては、7月9日に修正予定
・これはレイドの完了時間に大きな影響を与えるので、現在リーダーボードについても検討中。

TU(タイトルアップデート)10.1について:

配信予定日

・配信予定日は7月21日

内容について

・これはTU10とTU11間のパッチなので、新コンテンツを導入するパッチではなく、バグ修正とゲームバランス調整を行うパッチになる。

バランス調整について

ライフル弾薬の容量増加

・TU10.1でライフル弾薬の容量が増加

ロードアウト変更とスキルクールダウンについて

・これが修正され、プレイヤーはスキルのクールダウン中でもロードアウトを変更できるように。

リバイバーハイブについて

・スキルクラス0のハイブ最大チャージ数を4から1に減少
・フルチャージまでの時間を240秒から180秒(3分)に短縮
・この事により、16分ではなく3分でスキルを変更可能に
・クラス0のリバイバーハイブでは、自分やチームメイト1人までは蘇生可能だが、グループ全体を蘇生させる事はできない。(最大チャージ数の減少により)
・スキルクラスごとに1つの追加チャージ数が発生(スキルクラス6で7人まで蘇生可能に)

ギアセット『ファウンダリー・ブルワーク』について

・強力なセット効果があるギアセットとして、全体的には好意的に受け入れられているように思う。
・しかし、3部位装備ボーナスである『+3%のアーマー自動回復』効果は、プレイヤーに対して少し効果的すぎるようになっている。

『ファウンダリー・ブルワーク』はシールドを使うことに重点を置いているので、3部位装備ボーナスの『アーマー自動回復効果』を3%から1%に減少させる。その代わり、シールドヘルスが50%増加するように。

・つまり、シールドなしで得ていた防御効果で失うものは、シールドを使用する事で得られるようになるという事。
・また、『ファウンダリー・ブルワーク』3部位装備時は、基本的にシールドのヘルスボーナス50%がシールドのスキルクラスボーナスに追加される。

ネームドギア・ホルスター『フォージ』について

・現在はシールドヘルスを10%増加させる効果だが、TU10.1ではシールドヘルスを50%増加させるように。
・基本的にはシールドにスキルクラスを追加させる効果のようなもの。
・『マザリーラブ』と組み合わせる事もできる

ブースターハイブの変更について

・現在のブースターハイブ効果では、スキルクラスに応じて武器ダメージ、『武器ハンドリング』、『近接ダメージ』が10~16%増加するようになっている。

・TU10.1では、ブースターハイブは『武器ハンドリング』と『近接ダメージ』のバフについては維持されるようになるが、武器ダメージの要素が失われ、『状態異常耐性』が付与されるようになる。

・ブースターハイブがバフを与えるたびに、スキルクラス0の時では、20%の『状態異常耐性』、20%の『武器ハンドリング』、20%の『近接ダメージ』を得られるように。

・スキルクラス6では60%の『状態異常耐性』、『武器ハンドリング』、『近接ダメージ』を得られる。

・ブースターハイブはプレイヤーを浄化しないし、免疫も与えないが、それでもブースターハイブを戦場に出すべきだ。

・何故なら、Modを含めると、プレイヤーは90%もの『状態異常耐性』を得られるようになるからだ。

・効果はPVPとPvE両方で適用される。

ハイブスキルプラットフォームについて

・全てのスキルバリアントのドローン飛行速度が増加。スキルレベルごとにより増加するように。
・この事で、全てのハイブバリアントがより反応しやすくなる。

タレント『ヘッドハンター』について

・タレント『ヘッドハンター』の変更予定はない。

PvPの調整について

『アサルトライフル』の上方修正について

・PvPでのアサルトライフルのダメージが9%増加
・これにより、ミドルレンジでも十分な威力を発揮する事ができるように。

スキル『ケミランチャー/ファイアスターター』について

・PvPでの爆発ダメージが50%低下
・ファイアスターターはカバーを無視し、高スキルクラスではチャージ数も多く、与ダメージ量も大きいので、低下させた。
・この事でスキル『粘着爆弾』が代替案になるかもしれない。

スキル『ストライカードローン』について

・PvPで38%の与ダメージ量アップ
・この事でドローンは与ダメージ量という側面でタレットに肩を並べられるように

すべての展開されたスキルについて

・展開されたスキルは敵対するプレイヤーから4倍のダメージを受けるようになる。
・これで、これらのスキルを撃墜しやすくなるはず。

スキル『ケミランチャー/ライオットフォーム』について

・ライオットフォームの効果を下方修正してほしいという要望がプレイヤーから寄せられている。

・我々はその回答として、スキル『ブースターハイブ』が役立つことを期待している。

・『状態異常耐性』はライオットフォームの効果で拘束されている時間を短くし、1秒で脱出する事も可能になる。

・スキル『ケミランチャー/ライオットフォーム』の基本的な拘束時間を下げるべきかどうかについては、まだ議論が続けられているが、プレイヤーへは、罠から脱出するためのゲーム内での仕組みが用意されており、スキル『ケミランチャー/ライオットフォーム』の完全な拘束時間に耐える必要はない。

戦利品の変更について

tu10122

TU(タイトルアップデート)10以前

戦利品1 ・TU10前までは、低品質の戦利品が高確率でドロップしており、高品質の戦利品がドロップする確率が低かった。

・つまり、獲得した戦利品の質が悪い可能性が高いという事だった。

・我々としてはTU10で、この部分を改善したいと考えていた。

TU(タイトルアップデート)10

戦利品2・TU10では、ドロップ確率を調整し、最低品質(黄色のエリア)でのロール数が少なく、中品質(緑のエリア)を得るチャンスがあるが、最大品質(赤のエリア)のロールを得るチャンスも少なくなった。

・つまり、平均的な戦利品の質が良い(緑)一方で、本当にミニマキシングプロセス(赤)に入っている時は、最大化された特性値(ゴッドロール)を手に入れる確率が低くなっていた。

・それはレベル30の戦利品でも明らかだった。

TU(タイトルアップデート)10.1

戦利品3・TU10.1では、最小限のロール数を増加したので、全体的な戦利品の質が向上する。

・それに加えて、最大特性値を手に入れるチャンスが増えるはず。

・この調整はダークゾーンにも適用される。

・レインボーアイテム(三種の特性値がそれぞれバラバラ)については、完全にランダムなので、現時点ではどうにもできないが、TU11ではその辺りも考慮して、経過を観察したい。

キャッシュについて

・キャッシュについても、TU10.1でより良い品質のものを手に入れる事ができるようになる。

・フィールドマスターキャッシュとダークゾーンキャッシュについては、難易度『ヒロイック』レベルの戦利品と同等になる。

・クランキャッシュは難易度『ヒロイック』と『レジェンダリー』の間の品質になる。

エキゾチックアイテムのドロップについて

・プレイヤーが探していないエキゾチックアイテムを入手する事がよくあると報告されている。
例えば、難易度『レジェンダリー』でエキゾチックアイテム『ビッグホーン』を探していて、エキゾチックアイテム『ペスティレンス』がドロップしたなど。

・その為、ボスからランダムでドロップするエキゾチックアイテムを、ミッション報酬としてドロップするエキゾチックキャッシュに移動させた。

・この調整は、プレイヤーの入手可能数の変更ではないが(エキゾチックアイテムがドロップする確率のように)、ボスからドロップしたエキゾチックアイテムが、期待しているものか、ターゲットルートの対象に選ばれているものになるはず。

シーズン2『キーナーの遺産/KEENER’S LEGACY』について:

tu100

GE/グローバルイベント『ハリウッド』について

シーズン211・敵は銃火器のダメージに抵抗する特殊なアーマーを装備している。

・出現するほとんどの敵は黄色のシールドを持っており、それらがアクティブ状態の時は、ダメージを軽減効果が付与されている。

爆発ダメージと特殊武器からのダメージで、このシールドを剥ぎ取る事ができ、そうする事で敵に大ダメージを与える事が可能になる。

シールドがアクティブである間に殺された敵は、グレネードや特殊武器の弾薬をドロップする。

アパレルイベント『フェニックスダウン』について

フェニックス1・プレイヤーは4レベルアップごとにアパレルキャッシュキーを獲得できる フェニックス2 フェニックス3 フェニックス4 フェニックス5

以上ここまで。

30レベルバージョンも配信。待っていた人もこれでプレイができるように。

ディスカバリーについてはまだ時期詳細は発表されていない。
野良マッチングで行きたい人はもう少しの辛抱。

TU10.1の配信予定日時も発表され、ゲームバランスなどの調整が行われる様子。

レイドのバグについては、これまた真剣に取り組んでいる人には少し悲しい話。

GE『ハリウッド』のシールドの敵というゲーム内表記は、少し紛らわしいけども、タンクタイプの敵ではないよ。
黄色に光っている敵が今回のイベント効果でバフを受けている敵なので、そいつらをやっつけるとカウントされる。
ジャマーパルスでも剥がせるぞ。

ではまた。

 

 

ランディング
Tom Clancy's The Division 2【ディビジョン2】記事まとめ・一覧

WoNY(ウォーロードオブニューヨーク) ▼ アップデート情報 ・SoTG/TU(タイトルアップデート) ▼ スペシャリゼーション 入手方法 ・ファイアウォール ・テクニシャン ・ガンナー スキルツリ ...

続きを見る

-The Division 2
-, ,

Copyright© 悲しみのゲムール , 2020 All Rights Reserved.