悲しみのゲムール

Sadness and Happiness

The Division 2

【ディビジョン2】SoTG/State of The Game(3月18日)内容まとめ

2020年3月19日

SotG13月18日『State of The Game』

ランディング
Tom Clancy's The Division 2【ディビジョン2】記事まとめ・一覧

WoNY(ウォーロードオブニューヨーク) ▼ アップデート情報 ・SoTG/TU(タイトルアップデート) ▼ スペシャリゼーション 入手方法 ・ファイアウォール ・テクニシャン ・ガンナー スキルツリ ...

続きを見る

アップデートに関連する記事内リンクについてはこちら

3月18日にディビジョン2のSoTGが開催され、現在開催中の『シーズン1』での障害や、次回行われる予定の難易度調整についてなどが公開されていたので、紹介。
詳細については公式へ。

概要

・リーグ『ウェストサイド』が開催。2週間の開催期間と6つのチャレンジ、最大60までのリーグレベルと報酬
・シーズン1『シャドウ・タイド』初のGE/グローバルイベント『極性/Polartity』について
・ディビジョン2がStadia/ステディアでもプレイ可能に

 

バグの修正及びいくつかの連絡事項について

修正済みのバグ:

・キャッスルクリントンの最終ステージにて、NPCがスタックし、進行不可になる問題を修正
・SHDレベルアップの際に、取得できるスぺシャリゼーションのポイントを正しい値で得られるように修正
・ダークゾーンにて、プレイヤーが最高レベルにも関わらず、青い品質のアイテムがドロップしてしまう問題を修正
・プレイヤーが複数個シーズンキャッシュを何度も入手できてしまう問題を修正
・ダークゾーン内でシーズンレベルがアップした際、シーズンキャッシュのアイテムが汚染されてしまう問題を修正
・ダークゾーンでアクティティビティをクリアした際、シーズン経験値を得られない問題を修正
・コントロールポイント『ネスト』の敵NPCが防衛ステージの段階で出現しなくなり、進行不可になってしまう問題を修正
・コントロールポイント『ネスト』にて、難易度チャレンジで進行不可になる問題を修正。
・複数のコントロールポイントにて、敵NPCがスタックしてしまい、進行不可になる問題を修正
・ハンターに出会う為のいくつかのパズルにて、進行不可になってしまう問題を修正
・ハンターを倒した際、アイボリーの鍵が多く入手できてしまう問題を修正

次回アップデートにて、修正予定のバグ及び機能の追加:

・マンハントの進捗状況を一時的にリセットする機能の追加
・進捗状況がリセットされてしまう問題も修正予定

シーズンの進捗状況がリセットされてしまう問題について:

・今週火曜日にシーズンのアクティティビティが切り替わった際に、オンラインに繋がっているプレイヤーのシーズン進捗状況がリセットされてしまう事象が発生した。
・この件に関しては現在原因等を調査中であり、進行がリセットされてしまったプレイヤーの復元ができるよう作業をおこなっている。

 

難易度調整について:

・次回アップデートにて、難易度の調整を行う予定。

この難易度調整については、TU8後に寄せられたプレイヤーからの意見を踏まえたものになる。

・我々開発陣としては、プレイヤーの敵(特に高難易度の敵)には致命的な脅威であってほしいと考えている。
しかし、”スポンジネス”と揶揄されるような敵の固さ、それ故に不意に敵と遭遇したプレイヤーが切り抜けられる事ができなくなる事や、その際にプレイヤーが抱く不公平感については排除していきたいと思っている。

・敵の攻撃力の減少とアーマ値の減少を行う予定。
・この調整は全ての難易度において、行われる予定。

・グループでのスケーリング調整、改善については、それぞれの難易度で行われる予定。

・この調整は高難易度でより顕著に。
・4人での難易度『チャレンジ』については、調整がはっきりと分かるようになるだろう。
・敵のダメージは20%程度減少する見込み
・ダークゾーンのターゲットルートについては今よりも少なくなる予定。メインミッションについては増える予定。

紫色のアイテムが出る事について:

・多くの箱から得られるアイテムについては、アカウントの難易度に関係がない
・敵のドロップするアイテムについては、アカウントの難易度に沿っている
・ゲーム内難易度を変更する事は、アクティビティを効率良く消化できる為のものであるべき

 

 

リーグ『ウェストサイド』とグローバルイベント『極性/Polartity』について

リーグ9リーグ『ウェストサイド』が配信中

※シーズンについての記事はこちら

・シーズン1『シャドウ・タイド』イベント、リーグ『ウェストサイド』が開催されている。リーグ11・リーグイベントでは様々なチャレンジが用意されている。(ミッションのスピードランや適性な手段で敵を排除したりなど)
・これらのアクティビティをクリアするとリーグレベルが上がり、用意された報酬を受け取る事ができる。リーグ8リーグ7・リーグレベルはシーズンレベルとは分けられている。
・リーグ『ウェストサイド』では6つのチャレンジが用意されている。それぞれ最大10レベルまであり、最高で60となる。リーグ1リーグ3・リーグの開催期間は2週間
・リーグの達成状況は1週間でリセットされ、プレイヤーはもう一度チャレンジを達成し、リーグレベルを上げる事ができる。リーグ画像1・なので、プレイヤーは必ずしもそれぞれのチャレンジを最高ランクで達成する必要はなく、リセットされた際に再度プレイして、レベルを上げ、報酬を得る事ができる。

 

グローバルイベント『極性/Polartity』

グローバルイベントスケジュール1シーズン1『シャドウタイド』の初めてのGE/グローバルイベント『極性』が来週から開催される。
・敵はこのイベントによって、+と-の極性をそれぞれ持っており、プレイヤーとの極性相性で効果が付与される事になる。
・+と+などの同極性の場合、ダメージが2倍になる。
・違う極性を持つ敵を撃った時、エージェント(プレイヤー)にステータス効果が生じ、極性が変更される事がある。
・エージェント(プレイヤー)は、リロードを行うか、武器を持ち替えた際に、極性を変更する事ができる。
・この極性効果の影響はプレイヤーの銃器(プライマリ、セカンダリ、ピストルとスぺシャリゼーション)に限る。(スキルとグレネードには効果は乗らない。)
・基本的にはこの『極性』効果の影響は全てのチャレンジに及ぶ。(特にいくつかのチャレンジについては、『極性』効果を使うと良いものもある)
・プレイヤーは任意でGE/グローバルイベントに参加、不参加を選択し、『極性』効果をオン・オフする事ができる。
・イベント『極性』の開催期間は1週間

 

ステディアでもプレイが可能に:

stadia画像1・ディビジョン2と拡張版『WoNY/ウォーロードオブニューヨーク』がステディアでもプレイ可能に。
・ステディアとPC版ディビジョン2をプレイしているプレイヤーはクロスプレイ可能。
・それぞれのプレイ画面をスクリーンにて、表示する事が可能。

 

ニューエラキャップコラボ:

ニューエラ・現在ゲーム内にて、ニューエラキャップとのコラボを行っている。
・3月31日までゲーム内装飾品(帽子)を受け取る事ができる。

以上ここまで。シーズンレベルのリセットについては、プレイヤーにとって、少し厳しいものがある。
シーズン終盤ではなかった事が、不幸中の幸いか。

リーグのタイムアタックチャレンジについては、スケーリングの問題もあり、4人プレイだと時間がかなりつらいかも。
現状ソロか2人が安定かもしれない。

では、また。

 

 

ランディング
Tom Clancy's The Division 2【ディビジョン2】記事まとめ・一覧

WoNY(ウォーロードオブニューヨーク) ▼ アップデート情報 ・SoTG/TU(タイトルアップデート) ▼ スペシャリゼーション 入手方法 ・ファイアウォール ・テクニシャン ・ガンナー スキルツリ ...

続きを見る

-The Division 2
-, ,

Copyright© 悲しみのゲムール , 2020 All Rights Reserved.