The Division 2

【ディビジョン2】TU10(フルパッチノート詳細)内容まとめ3

2020年6月19日

ep31TU10で行われたアップデート詳細について

ランディング
Tom Clancy's The Division 2【ディビジョン2】記事まとめ・一覧

WoNY(ウォーロードオブニューヨーク) ▼ アップデート情報 ・SoTG/TU(タイトルアップデート) ▼ スペシャリゼーション 入手方法 ・ファイアウォール ・テクニシャン ・ガンナー スキルツリ ...

続きを見る

※TU(タイトルアップデート)11パッチノート詳細記事についてはこちら

ep333
【ディビジョン2】TU11(フルパッチノート詳細)内容まとめ

TU11で行われるアップデート詳細について TU(タイトルアップデート)11パッチノート詳細 9月22日09:30 CEST(日本時間午後16時30分)より、3時間の予定でメンテナンスが行われ、TU1 ...

続きを見る

TU(タイトルアップデート)10パッチノート詳細

TU(タイトルアップデート)10が配信される事となり、パッチノートの詳細が公式のフォーラムで公開されたので、紹介。TU10タイトル画面

ただ今回内容がとても多いので、記事を分けて掲載する。

その1はこちら

その2はこちら

その4はこちら

※これらは暫定的なパッチノートであり、タイトルアップデート10がリリースされるまで変更が行われる可能性があります。

目次

RPGバランスについて

『修復量』

・『修復量』は、アーマーキットやタレント、ギアセットの効果で修復されるアーマーの量を増加させないようになった。

開発より:
『修復量』は常にリペアスキルに相当する防御属性であり、プレイヤーがスキルやグループのヒーラーから受けるヒーリングの量をさらに強化できるような意味合いを持っていた。

残念ながら、基礎となるコードのせいで、ファウンドリィブルワークのようなタレントやギアセット、ファイアウォールのユニークなアーマーキット効果など、アーマー修理の代替ソースを区別することができなかった。

本来ならWoNYの開発中に対処したかったのだが、当時の優先度の高い問題に対処するために、この問題の修正は延期されていた。

我々はこの属性が新しいWoNYのメタ環境にどの程度影響を与えるのかという事を過小評価しており、特定のタレントやギアセットと組み合わせた場合に発生する悪質なゲームプレイの深刻さを予測することができなかった。

これはPvPに限った問題ではなく、PvP環境がPvEバランスに影響を与えるケースでもないという事を強調させてほしい。
『修復量』の問題は、ゲームのその両方の側面(PvPとPvE)のゲームプレイの価値を損なっており、特に今回のアップデートが新しいレイドのリリースと重なっていることを考えると、我々はこの問題に対処する必要があった。

今このタイミングで問題に対処しないということは、今後プレイヤーが受け取る修復量が2倍になる可能性がある(可能性が高い)という前提で、既存のギアや将来のギア、タレントのバランスを取らざるをえなくなり、その事はゲームの創造性を阻害し、プレイヤーの選択を制限することに繋がると考えている。

『武器ハンドリング効果』について

・1%の『武器ハンドリング効果』は命中率、安定性、リロード速度と切り替え速度がそれぞれ1%上昇するよう(0.25⇒1%)レベル40での『武器ハンドリング効果』の最大ロール値を従来の14%から6%減少させ、最大値を8%とした。

開発より:
現在のメタ環境では、武器の『武器ハンドリング効果』は、使うメリットがほぼないデッドスタッツ(使えない要素)とみなされている。
TU10では、+8%の武器ハンドリング効果を持つ武器を装備することで、プレイヤーはこれだけの恩恵を受ける事ができる。
+8% 命中率
+8% 安定性
+8% 切り替え速度
+8% リロード速度

この調整が、全体的な精度/安定性(ブルーム+リコイル)やリロード/切り替え速度を向上させたいと考えているプレイヤーにとって、『武器ハンドリング効果』が大きな助けになるであろう事を期待している。

また『武器ハンドリング効果』から得られる命中率、安定性、切り替え速度、リロード速度の上昇効果の%量を1:1にすることで、より分かりやすくなり、従来までのこのボーナス効果が果たしてアップグレードかどうかを判断する際に、必要であった難解な計算要素も取り除くことができた。

タレント効果の変更について:

・リーダーシップ:ボーナスアーマーの値を15%に上昇(12%から)
・スパイク:スキルダメージアップの時間を15秒間に上昇(8秒間から)
・リフォーメーション:スキル修復量の効果時間を15秒間に上昇(8秒間から)
・クリーピングデス:近くに有効な敵がいない場合はクールダウンしないように
適用されたステータス効果は、効果のダメージと持続時間を適切にコピーするように

PvPについて:

全般的な調整

・全ての武器のPvPでの与ダメージ量を20%減少させた

特定の武器種の調整

・マークスマンライフルのPvPでの武器与ダメージ量を12.5%上昇
・アサルトライフルのPvPでの武器与ダメージ量を15%減少
・ショットガンのPvPでの武器与ダメージ量を12.5%減少
・サブマシンガンのPvPでの武器与ダメージ量を10%減少
・ピストルのPvPでの武器与ダメージ量を10%減少
・ライフルのPvPでの武器与ダメージ量を5%減少

開発より:
TU10では特にアサルトライフル、サブマシンガン、ショットガンの基本ダメージに大幅なバフが加えた。
PvPでこれらの武器が過度に強力になるのを防ぐために、PvPでの与ダメージ量を下げてバランス調整を行う必要があった。

注:アサルトライフルは、他の武器のアーキタイプと比較した場合に他プレイヤーに対してあまり有効的ではないHPダメージボーナスを持っている為、それを補うために、PvPでは通常よりも10%強くなるように調整している。

特定の武器ダメージの修正について

・ダブルバレルショットガンのPvPでの与ダメージ量を16.6%上昇させた
・ペスティレンスのPvPでの与ダメージ量を10%減少させた
・クラシックM1Aの与ダメージ量を5%減少させた。

開発より:全てのネームド武器は、ベースとなっている銃の基本値を継承する。
例として、Classic M1Aへの下方修正は同種ネームド武器である『ベイカーズダズン』にも影響を与える。

エキゾチックアイテムの修正について

マーシーレス/ルースレス

『バイナリートリガー』
・PvPでは効果によって、増幅された武器ダメージと爆発ダメージ量を50%減少した

ドッジシティガンスリンガーホルスター

『クイックドロー』
・PvPでのスタックによるダメージボーナス上昇率を2%から1%に減少した。
・PvPで1秒あたりに得られるスタックがPvEでの値と一致するように(0.5秒→0.3秒)

インペリアルダイナスティ

・範囲内にいる最も近い敵に自動的に炎上のステータス効果を適用しないように。
・炎上のステータス効果を適用する前に、ホルスター所持者と最も近い敵との間で3秒間、射程距離とLOS(line of sight/視線)を維持する必要があるように。
・PvPでの効果半径を明らかにするビジュアルUIフィードバックと、ホルスター所持者と最も近い敵との間のLOS(line of sight/視線)を示すインジケータを追加。

開発より:
この事は現況のPvPにおいて、状況の情報不足によって引き起こされる突然の攻撃や理不尽な行動の改善に役立つもので、又、プレイヤーにはその攻撃や行動に対する反撃や回避の選択を与えてくれるものであると思っている。

ペスティレンス

『アウトキャストの疾病』
・ダメージ継続効果でトゥルーパトリオットの白デバフアーマー修復効果が発動しないように。(PvPとPvE両方で)

開発より:
最終的な結果がユニークで楽しいゲームプレイである場合、我々開発が想定していないメカニック(機構や働き)を受け入れるのは好ましいのだが、トゥルーパトリオットの白デバフは、アーマーの修復効果を受けるためにデバフを受けたターゲットを撃たなければならないと明示してある。

ペスティレンスのダメージ継続効果はこの制限を回避して、トゥルーパトリオットと併用する事でアーマー修復を可能にしてしまった。
特に「修復量」と組み合わさった場合は、不釣り合いなレベルのパワーにまでスケールしてしまっていた。

ギアセット効果の修正について:

ネゴシエータージレンマ

・マークされたターゲットがクリティカルヒット時にお互いにダメージを与え合える範囲を15mに縮小(PvP時)。
・範囲内に別のマークされたターゲットがいる場合、判別できるよう視覚的なUIフィードバックを追加。

タレント効果の修正について:

エフィシャント

・スぺシャリゼーションのアーマキット効果ボーナスを100%から50%に減少

バーサトル

・サブマシンガンとショットガンの武器ダメージの増幅効果を35%から25%に減少

ヴァンガード

・シールドの無敵効果時間を5秒から2秒に減少

注:UIの表示がまだ切り替わっていないが、今後のアップデートで修正予定。

スペシャリゼーションの修正について:

ファイアウォール

・エクストラセルラーマトリックスメッシュアーマーキットの回復量を50%減少(200%から150%に)

スキルの修正について

・パルスが正しくダークゾーン内の全てのプレイヤーをハイライトし、表示するようにした。(敵やローグエージェントだけでなく)
・ストライカードローンの与ダメージ量を30%上昇させた
・アサルトタレットのダメージ量を55%上昇させた
・ファイアースターターケミランチャーのPvPでの与ダメージ量を20%減少させた
・スティンガーハイブ、モルタルタレット、エクスプローシブシーカーマインの出血ダメージ量を75%減少させた
・スティンガーハイブの与ダメージ量を20%上昇させた。スキルクラスによって、値は上昇し、スキルクラス6では55%上昇

開発より:
我々としてはスキル特化ビルドにエリアを制圧、コントロールする為に複数の強力な防衛ツールを持ってほしいと考えている。
しかし、出血効果の強さは、スティンガードローン、迫撃砲、シーカーマインのどれか1つだけで事足りてしまい、多くのビルドに対してほぼ死刑を宣告するようなものになってしまっていた。
スティンガーハイブは、1回の出血の過剰な継続ダメージ効果に依存する必要があるのではなく、効果範囲内に留まっているプレイヤーに対してより効果的であるべきなので、ハイブのドローンダメージがスキル特化ビルドではより高くなるようにした。

武器種バランスの調整について:

アサルトライフル/Assault Rifles

AK-M:15.8%のダメージ量上昇(damage increase)
F2000:14.3%のダメージ量上昇(damage increase)
Military AK-M:13.2%のダメージ量上昇(damage increase)
Black Market AK-M:13.2%のダメージ量上昇(damage increase)
FAL:12.0%のダメージ量上昇(damage increase)
FAL SA-58:12.0%のダメージ量上昇(damage increase)
FAL SA-58 Para:12.0%のダメージ量上昇(damage increase)
SOCOM Mk 16:11.4%のダメージ量上昇(damage increase)
Tactical Mk 16 – 11.4%のダメージ量上昇(damage increase)
Mk 16 – 11.4%のダメージ量上昇(damage increase)
AUG A3-CQC – 11.2%のダメージ量上昇(damage increase)
Honey Badger – 10.9%のダメージ量上昇(damage increase)
FAMAS 2010 – 10.6%のダメージ量上昇(damage increase)
ACR – 9.7%のダメージ量上昇(damage increase)
ACR-E – 9.7%のダメージ量上昇(damage increase)
Military G36 – 9.5%のダメージ量上昇(damage increase)
G36 C – 9.5%のダメージ量上昇(damage increase)
G36 Enhanced – 9.5%のダメージ量上昇(damage increase)
Carbine 7 – 8.7 %のダメージ量上昇(damage increase)
Military P416 – 7.4%のダメージ量上昇(damage increase)
Custom P416 G3 - 7.4%のダメージ量上昇(damage increase)
Police M4 – 6.8%のダメージ量上昇(damage increase)
CTAR 21 – 8.6%のダメージ量上昇(damage increase)

ライトマシンガン/LMG

Classic M60 – 12.5%のダメージ量上昇(damage increase)
Classic RPK-74 – 12.4%のダメージ量上昇(damage increase)
Military RPK-74 M – 12.4%のダメージ量上昇(damage increase)
Black Market RPK-74 E – 12.4%のダメージ量上昇(damage increase)
Military M60 E4 – 9.2%のダメージ量上昇(damage increase)
Black Market M60 E6 – 9.2%のダメージ量上昇(damage increase)
Military L86 LSW – 8.5%のダメージ量上昇(damage increase)
Custom L86 A2 – 8.5%のダメージ量上昇(damage increase)
IWI NEGEV – 2.6%のダメージ量上昇(damage increase)
Stoner LMG – 2.0%のダメージ量上昇(damage increase)

M249 B –変更なし(No changes)
Tactical M249 Para –変更なし(No changes)
Military MK46 – 変更なし(No changes)
MG5 – 変更なし(No changes)

Infantry MG5 – 3.2%のダメージ量減少(damage decrease)

マークスマンライフル/MMR

Model 700 – 14.9%のダメージ量上昇(damage increase)
Hunting M44 – 13.5%のダメージ量上昇(damage increase)
Classic M44 Carbine – 12.5%のダメージ量上昇(damage increase)
G28 – 11.4%のダメージ量上昇(damage increase)
SOCOM Mk20 SSR – 9.3%のダメージ量上昇(damage increase)
SR-1 - 8.6%のダメージ量上昇(damage increase)
Custom M44 – 8.1%のダメージ量上昇(damage increase)
M700 Tactical – 8.1%のダメージ量上昇(damage increase)
M700 Carbon – 8.1%のダメージ量上昇(damage increase)
Covert SRS – 6.0%のダメージ量上昇(damage increase)
SRS A1 – 6.0%のダメージ量上昇(damage increase)

Surplus SVD – 2.9%のダメージ量減少(damage decrease)
Paratrooper SVD – 2.9%のダメージ量減少(damage decrease)

ライフル/Rifles

UIC15 MOD – 21.6%のダメージ量上昇(damage increase)
1886 – 21.3%のダメージ量上昇(damage increase)
LVOA-C – 12.1%のダメージ量上昇(damage increase)
M1A CQB – 10.7%のダメージ量上昇(damage increase)
Lightweight M4 – 10.5%のダメージ量上昇(damage increase)
G 716 CQB – 8.7%のダメージ量上昇(damage increase)
SIG 716 – 6.7%のダメージ量上昇(damage increase)
ACR SS – 3.7%のダメージ量上昇(damage increase)

SOCOM M1A –変更なし(No changes)
M16A2 – 変更なし(No changes)

USC .45 ACP - 2.8%のダメージ量減少(damage decrease)
Urban MDR – 5.5%のダメージ量減少(damage decrease)
Military Mk17 – 11.8%のダメージ量減少(damage decrease)
Police Mk17 - 11.8%のダメージ量減少(damage decrease)
Classic M1A - 12.6%のダメージ量減少(damage decrease)

サブマシンガン/SMG

Tommy Gun – 38.8%のダメージ量上昇(damage increase)
PP-19 – 29.6%のダメージ量上昇(damage increase)
Enhanced PP-19 – 29.6%のダメージ量上昇(damage increase)
MP7 – 27.5%のダメージ量上昇(damage increase)
MPX – 17.7%のダメージ量上昇(damage increase)
M1928 – 20.0%のダメージ量上昇(damage increase)
P90 – 15.6%のダメージ量上昇(damage increase)
Converted SMG-9 – 15.8%のダメージ量上昇(damage increase)
Black Market T821 – 15.4%のダメージ量上昇(damage increase)
Police T821 – 15.4%のダメージ量上昇(damage increase)
Vector SBR .45 ACP – 14.7%のダメージ量上昇(damage increase)
CMMG Banshee – 12.5%のダメージ量上昇(damage increase)
Police UMP-45 – 12.0%のダメージ量上昇(damage increase)
Tactical UMP-45 – 12.0%のダメージ量上昇(damage increase)
AUG A3 Para XS – 11.8%のダメージ量上昇(damage increase)
Enhanced AUG A3P – 11.8 %のダメージ量上昇(damage increase)
Tactical AUG A3P – 11.8%のダメージ量上昇(damage increase)
Converted SMG-9 A2 – 11.6%のダメージ量上昇(damage increase)
MP5A2 – 10.0%のダメージ量上昇(damage increase)
MP5-N – 10.0%のダメージ量上昇(damage increase)
MP5 ST – 10.0%のダメージ量上昇(damage increase)
Tactical Vector SBR 9mm – 5.9%のダメージ量上昇(damage increase)

ショットガン/Shotguns

M870 Express – 23.3%のダメージ量上昇(damage increase)
Military M870 – 23.3%のダメージ量上昇(damage increase)
Custom M870 MCS – 23.3%のダメージ量上昇(damage increase)
Super 90 – 23.2%のダメージ量上昇(damage increase)
Marine Super 90 – 23.2%のダメージ量上昇(damage increase)
Tactical Super 90 SBS – 23.2%のダメージ量上昇(damage increase)
SASG-12 – 21.3%のダメージ量上昇(damage increase)
Tactical SASG-12 K – 21.3%のダメージ量上昇(damage increase)
Black Market SASG-12 S – 21.3%のダメージ量上昇(damage increase)
SPAS-12 – 18.6%のダメージ量上昇(damage increase)
KSG Shotgun – 9.0%のダメージ量上昇(damage increase)

サイドアーム/Sidearms

Double Barrel Sawed Off Shotgun – 最適距離範囲を8mに縮小(11mから)586 Magnum – 68.8%のダメージ量上昇(damage increase)
Police 686 Magnum – 68.8%のダメージ量上昇(damage increase)
Maxim 9 - 23.5%のダメージ量上昇(damage increase)
D50 – 17.5%のダメージ量上昇(damage increase)
First Wave PF45 – 13.5%のダメージ量上昇(damage increase)
Custom PF45 – 9.7%のダメージ量上昇(damage increase)
Military M9 – 8.7%のダメージ量上昇(damage increase)
93R - 7.7%のダメージ量上昇(damage increase)
Snubnosed Diceros – 6.5%のダメージ量上昇(damage increase)
Officer's M9 A1 – 6.3%のダメージ量上昇(damage increase)
Diceros – 5.9%のダメージ量上昇(damage increase)

M45A1 – 9.5%のダメージ量減少(damage decrease)
Tactical M1911 – 9.5%のダメージ量減少(damage decrease)
M1911 – 7.3%のダメージ量減少(damage decrease)

エキゾチックアイテムの変更について:

開発より
武器のダメージの上方修正に加えて、TU10での武器ハンドリング効果の大幅な上方修正は、いくつかのエキゾチック武器のMODがもはや意味をなさなくなったり、オリジナルのデザインにそぐわない過剰なチューニングが施された結果となった。

大型アップデートのこの機会に、あまり性能を発揮できていないエキゾチックアイテムの改善を行った。

ビッグホーン/The Bighorn

+11.2%のダメージ量上昇
最適距離範囲を40mに(27mから)
光学系のMODボーナスを+0%から+30%のヘッドショットダメージに増加
マガジンのMODボーナスをヘッドショットダメージ+7%からリロード速度+10%に変更
加えてヘッドショットダメージを提供する能力が追加され、タレントの詳細
スコープで覗いた時に、セミオート射撃モードに切り替わり、各ショットで450%の武器ダメージを与える。
(新)ヘッドショット1回につき、+2%のヘッドショットダメージ。効果は50回までスタックする。フルスタック時には0にリセットされる。

イーグルベアラー/Eagle Bearer

+7.8%のダメージ量上昇
アンダーバレルのMODボーナスを安定性+10%から武器ハンドリング+10%に変更

カメレオン/Chameleon

+32.8%のダメージ量上昇
光学系のMODボーナスを命中率+15%からクリティカルヒット率+15%に変更
マズルのMODボーナスをクリティカルヒット率+5%から命中率+20%に変更
アンダーバレルのMODボーナスをクリティカルヒット率+10%から安定性+10%に変更
光学レンズの範囲を33.3%上昇させ、20mに(15mから)
長距離効果は19%上昇し、50mに(42mから)
加えて戦闘終了時に次の戦闘開始までに現在のバフ効果を保持する機能を追加。タレントの詳細
ヘッドショットを30回決めると、45秒間クリティカル率が20%上昇し、クリティカルダメージが50%増加する
ボディショットを75回決めると、45秒間武器ダメージが90%増加する
レッグショットを30回決めると、45秒間リロード速度が150%上昇しする
(新)バフは戦闘状態から抜けると更新される

バレットキング/Bullet King

+2.6%のダメージ量上昇

ネメシス/Nemesis

+11.1%のダメージ量上昇
光学系のMODボーナスのヘッドショットダメージボーナスを45%に上昇させた(35%から)
アンダーバレルのMODボーナスである武器ハンドリング効果を5%に減少させた(15%から)

リバティ/Liberty

光学系のMODボーナスのクリティカルヒット率+5%からヘッドショットダメージ+5%に変更
マズルのMODボーナスを安定性+15%からクリティカルヒット率+5%に変更
マガジンのMODボーナスをリロード速度+15%から武器ハンドリング+15%に変更
加えてスタックを維持している際に、ダメージボーナスを得る能力を追加。タレントの詳細
(新)攻撃が命中すると+2%の武器ダメージを得る。累積数は30まで。
ヘッドショットで全てのスタックを使用し、スタック数ごとに+3%のシールド修復を得る。
エイムした際に、敵の弱点をハイライト表示しないように

マーシレス/ルースレス(Merciless/Ruthless)

+12.5%のダメージ量上昇
マズルのMODボーナスを安定性+10%に減少させた。(20%から)
アンダーバレルのMODボーナスである武器ハンドリング効果を10%に減少させた(20%から)
マガジンのMODボーナスをリロード速度+10%に減少させた。(15%から)
加えて爆発ダメージではないダメージボーナスも付与される能力を追加。タレントの詳細

この武器は、トリガーを引いて離すと発射される。
両方の弾が同じ敵に当たった場合、スタックを獲得する。
(新)7つスタックした時に、敵を撃つと500%の増幅ダメージを与え、7mの爆発を起こして500%の武器ダメージを与え、スタックを消費する。

開発より:
マーシーレスは以前まで、扱いづらいそのハンドリングを、非常に高いバーストダメージで補っていました。
今回のアップデートでより高い精度と安定性が得られるようになったことで、『バイナリートリガー』の火力を下げた。

ダイアモンドバック/Diamondback

+7.7%のダメージ量上昇
5秒のバフ後まで新しいターゲットはマークされないことを明確にするためにテキストを更新

ララバイ/スイートドリーム(Lullaby/Sweet Dreams)

+11.0%のダメージ量上昇

レディデス/Lady Death

+18.9%のダメージ量上昇
光学系のMODボーナスのクリティカルヒット率+10%に上昇させた。(5%から)
マズルのMODボーナスをクリティカルヒット率+5%からクリティカルダメージ+5%に変更
アンダーバレルのMODボーナスであるクリティカルダメージ+5%を近接攻撃ダメージボーナス+500%に変更
『ブリーズ・フリー』:最大累積数を32に減少(40から)させ、ダメージの増幅量を75%に上昇させた。(60%から)

チャッターボックス/The Chatterbox

+16.7%のダメージ量上昇
光学系のMODボーナスのクリティカルヒット率+15%に上昇させた。(5%から)
マズルのMODボーナスをクリティカルヒット率+10%からクリティカルダメージ+5%に変更
アンダーバレルのMODボーナスである武器ハンドリング効果を10%に減少。(15%から)
マガジンのMODボーナスのリロード速度+10%を弾薬数+10に変更
マガジンの弾薬数を50に減少。(60から)

ペスティレンス/Pestilence

マズルのMODボーナスを安定性+10%から命中率+10%に変更。
アンダーバレルのMODボーナスである武器ハンドリング効果+10%を安定性10%に変更。

ニンジャバイクメッセンジャーニーパッド/NinjaBike Messenger Kneepads

加えてボーナスアーマーを得る能力を追加。タレントの詳細
(新)カバー間移動または障害物を飛び越えた時、構えている武器をリロードし、5秒間、+25%のボーナスアーマーを得る。

ドッジシティガンスリンガーホルスター/Dodge City Gunslinger Holster

加えて射撃がヘッドショットダメージとして扱われる能力を追加。タレントの詳細
ピストルをホルスターにしまっている間、スタックを0.3秒ごとに得る。(100まで)
ピストルに持ち替えた際の最初のショットにスタックを消費して、+10%の追加ダメージを得る。(スタックごとに)
(新)どの部位にヒットしてもヘッドショット扱いとなる。

BTSUデータグローブ/BTSU Datagloves

グローブ所有者のスキルクラスが6でないかぎり、グループ、レイドグループ内のプレイヤーにオーバーチャージを付与しないように機能を変更
加えてハイブスキルにヘイスト効果を与える能力を追加。タレントの詳細
(新)スキルクラスごとに+15%のハイブスキルヘイスト効果を付与する。
(変更点)ハイブを爆発させるとスキルのクールダウンがリフレッシュされ、15秒間オーバーチャージが付与される。
スキルレベルが6の場合、この効果は全ての味方にも適用される。
この効果を受けた味方は120秒間この効果の恩恵を受けることができない。

ソイヤーのニーパッド/Sawyer's Kneeguards

加えて移動した後も少しの間、ダメージボーナス効果が続く能力を追加。タレントの詳細
爆発でよろめかないように
動かない間、毎秒3%の総合武器ダメージ上昇効果を得る。効果は動き始めるまでスタックされ、スタックの最大数(10まで)
(新)全てのスタックは動いてから10秒後に失われる。

 

 

その1はこちら

その2はこちら

その4はこちら

 

ランディング
Tom Clancy's The Division 2【ディビジョン2】記事まとめ・一覧

WoNY(ウォーロードオブニューヨーク) ▼ アップデート情報 ・SoTG/TU(タイトルアップデート) ▼ スペシャリゼーション 入手方法 ・ファイアウォール ・テクニシャン ・ガンナー スキルツリ ...

続きを見る

-The Division 2
-, ,

Copyright© 悲しみのゲムール , 2020 All Rights Reserved.