The Division 2

【ディビジョン2】SoTG/State of The Game(8月26日)内容まとめ

2020年8月27日

sotg2228月26日『State of The Game』

ランディング
Tom Clancy's The Division 2【ディビジョン2】記事まとめ・一覧

WoNY(ウォーロードオブニューヨーク) ▼ アップデート情報 ・SoTG/TU(タイトルアップデート) ▼ スペシャリゼーション 入手方法 ・ファイアウォール ・テクニシャン ・ガンナー スキルツリ ...

続きを見る

ディビジョン2のSoTGが26日に予定通り放送され、その中でTU(タイトルアップデート)11の内容や『レインボールート』(信号機特性)の修正についてなどが話されていたので、紹介。
詳細については公式へ(リンク

※TU(タイトルアップデート)11パッチノート詳細記事についてはこちら

ep333
【ディビジョン2】TU11(フルパッチノート詳細)内容まとめ

TU11で行われるアップデート詳細について TU(タイトルアップデート)11パッチノート詳細 9月22日09:30 CEST(日本時間午後16時30分)より、3時間の予定でメンテナンスが行われ、TU1 ...

続きを見る

概要:

・『レインボールート』と呼称される属性が混在した(赤、青、または黄色の色分けで表示される)アイテムの改善については、TU(タイトルアップデート)11で対処する予定。

・この対処により、アイテムに付与される最初のランダム属性については、コア属性と同じ色になるようになる。

・TU11ではAgnostic Mods(アグノスティックモッド)システムが導入され、ギアのMODスロットの色分けがなくなる。そうする事で、プレイヤーはどんなギアにもギアMODを装備できるようになる。

・シーズン2最後のマンハントターゲットが登場『タイタン』と最重要討伐対象である『ホーネット』

既知の障害とお知らせについて:

火曜日に行ったメンテナンスについて

・PS4でのブルースクリーン問題を改善。
・シールドにクリティカルヒットを撃った際、『ホスタイルネゴシエーション』の能力でマークされた敵が非常に高い倍率でダメージを受ける問題を修正
・ストーリーモードのミッション『リバティ島』の最後の部分で、キャラクターがダウンしている間にドアにインタラクトすると、ローディング画面から進まない事がある問題を修正

TU(タイトルアップデート)11の概要について:

TU11全体図1

・新しいPvEモード
・新しい装備
・『レインボールート』(信号機特性)の修正
・Agnostic Mods(アグノスティックMOD)システムの導入
・Appearance Mods(アペアランスMOD)システムの導入
・シーズン3の開催
・様々なバグ修正

TU11でのバグ修正について:

以下の問題については、コミュニティでも現在議論が続けられており、TU11で修正を行う予定。
これ以外にも今後も多くの修正が予定されている。
詳細については、TU11実施前に行われる事前のPTS(パブリックテストサーバ)開始時に向けて、より詳しいパッチノートを公開できるようにしたい。

・ギアセット『ストライカー』でギアの染色ができない問題
・TU10において、クラフトのSMG製作のポリカーボネイトの製作コストが高すぎる問題。
・ニューヨークにいる間、ダークゾーンへのファストトラベルができない問題。

今後のゲームのロードマップについて

TU全体図22

先週のSotGの放送では、プレイヤーがエージェントをカスタマイズできるトランスモグリフィケーションシステムである『Appearance Mods』(アペアランスMOD)を取り上げた。
(TheDivision2の公式サイトにて詳細記事が掲載されている。)

今回の放送では、『レインボールート』(信号機特性)の修正と『Agnostic Mods』(アグノスティックMOD)システムの紹介をしたい。

また、9月2日のSotG新たなPvEモード(スカイスクレイパー)を紹介する予定。

『レインボールート』(信号機特性)の改善について

TheDivision2のシニアゲームデザイナーであるNikki Kuppens氏は、TU10.1以降、戦利品の質が『下降修正』されたというプレイヤーから寄せられている意見に対して、こう述べている。

・TU10.1以降、難易度ごとのアイテムロールに変更は行っていない。
・ただゲーム内でのクリティカル率のように、いくつかの異なる値しかないものについては、若干の数値の幅が存在している。
(ゲーム上では同じ値でも、実際には幅が存在するという事)

・ゲームのUI上ではこの数値の幅については、表示されていないだろうが、それでもその幅は実際の戦利品の品質に影響するようなものではない。

・戦利品の質の低下については、付与される等級が間違っている可能性も考えられる。
・例えば、懸賞金アクティビティやコントロールポイントの難易度『ヒロイック』において、難易度が『ノーマル』にリセットされてしまうなど。

スキルクラスアイテムについて

スキルクラスは現在固定値であり、水面下では武器やアーマーのダメージと同じように抽選しているが、全て固定値で上書きされる。

このため、ゲームの抽選システムにスキルレベルが高いと判断された場合、残り2つのステータスのバーが低く表示される可能性がある。(何故ならゲームシステムは、プレイヤーに確かな平均値に基づいたアイテムを与える為)

しかし、スキルクラスは固定値なので、プレイヤーには、手に入れたアイテムが正しい平均値により得たものではないように見えるかもしれない。

TU11ではスキルクラスをゲームの抽選システムから除外し、アイテムの平均的な力が残り2つに分散されるようにする予定。

『レインボールート』(信号機特性)について

『レインボールート』(信号機特性)とは、属性の色が混ざっているギア(赤、青、黄色、攻撃属性、防御属性、ユーティリティ属性)の事であるが、次に実施されるTU11までは、戦利品システムに属性の重み付けが施されなかったので、これまで実施されたタイトルアップデートの間に状況が悪化したり、改善されたりする事がなかった。

開発陣は、ビルドを作成したり完成させたりしようとしている多くのプレイヤーが、同じ色のアイテムを探している傾向があり、その他のプレイヤーについても、ハイブリッド(混成、多色)ビルドやそれに近いものを探している傾向がある事を理解している。

開発陣としては、フルカラーのビルドを探しているプレイヤーと、ロールのバリエーションを増やしたいプレイヤーのバランスを取りたいと考えている。

現時点では、ランダムな戦利品属性には重み付けはなく、すべての属性に等しく8.3%の確率で抽選されている。83パー1

タイトルアップデート11 PTSでは、ギアの最初のランダム属性がそのコア属性と同じ色であることを100%の確率で保証する新しいシステムを試す予定。

※注:上記の100%の確率というのは、PTSでのフィードバックも含めて、最適な値に調整したいとの事。

その結果、プレイヤーがその色の中で探している特定の属性を手に入れる確率は25%になる。
2つ目の属性は引き続きランダムで選択され、残りの属性は9.1%の確率で出現する。

この変更は新しい戦利品にのみ適用され、既存の戦利品には影響はない。

AGNOSTIC MODS(アグノスティックMOD)システムについて

mod図1

TU11では、ギアのMODスロットが特定の色に縛られるのではなく、一般的なものになり、プレイヤーはギアにどんな種類のMODも使用できるようになる。

・この変更は遡って適用される。
・この変更はビルドの柔軟性を高め、プレイヤーがアイテムMODスロットの色が固定色なのかランダム色なのかを理解しやすくする為に実施される。

・ギアMOD自体は色分けされている。

・耐性MODの耐性率はすべて2倍になる。

・この変更は既存のMODに遡って適用される。また、耐性MODに新たに拘束と混乱の2つが追加される。

シーズン2が開催中

シーズン2タイトル画面

リーグイベント『ハンツマン』グローバルイベント『蘇生』は終了
・新しいターゲットである『タイタン』が登場
・併せて15レベルアップまでを上限として、1週間の間、経験値倍化のイベントも行われている。

・最重要ターゲットの『ホーネット』も登場
彼はかつて陸軍に従軍しており、そこでアーロン・キーナーと深い友情を育んだ。
軍務から無傷で帰ってきた彼は、家族との軋轢から疎外感と孤独を感じていた。
この間、彼はキーナーとの友好関係を続けていたが、キーナーは彼をディビジョンと契約するように説得した。
キーナーがローグに転身した時、彼がキーナーの要請に答えた初めてのエージェントだった。

『タイタン』を含めた4人全てのターゲットを倒すと、『ホーネット』がアンロックされる。
『ホーネット』を倒す事ができれば、新スキルの『リペアトラップ』を入手する事ができる。
『ホーネット』は、新たにリメイクされた拠点『タイダルベイスン』にて、エージェントを待ち受けている。

・9月15日にシーズン2が終了するまで、全てのマンハント対象者は討伐可能
・スキル『リペアトラップ』については、シーズン終了後もゲームプレイを通して、アンロックできるようになる。

以上ここまで。

TU11では、MODの自由度が増すとの事。
これでビルドに幅が生まれると、装備を掘る楽しみが増してうれしい。
PTSを挟むので、コンソール版の人は少しヤキモキするかもしれないが、楽しみに続報を待とう。

さぁ、いよいよ次の放送はスカイスクレイパーの紹介だ。

残暑もまだまだ厳しいが、エージェントの皆も体調管理にはくれぐれも気をつけて。

ではまた。

 

 

ランディング
Tom Clancy's The Division 2【ディビジョン2】記事まとめ・一覧

WoNY(ウォーロードオブニューヨーク) ▼ アップデート情報 ・SoTG/TU(タイトルアップデート) ▼ スペシャリゼーション 入手方法 ・ファイアウォール ・テクニシャン ・ガンナー スキルツリ ...

続きを見る

-The Division 2
-, ,

Copyright© 悲しみのゲムール , 2020 All Rights Reserved.